よろしくメカテック

第20回機械要素技術展にご来場ありがとうございました

 6月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催された第20回機械要素技術展に出展させていただきました。当ウェブサイトや雑誌、メールマガジンなどの読者の方々におかれましては、多数のご来場をしていただき、また弊社ブースをお訪ねいただき誠にありがとうございました。

 皆様と顔を合わせて話ができる機会はそう多くないため、非常に勉強になるとともに嬉しい三日間でした。毎年出展している同展示会ですが、今回は東ホールから西ホールに場所を移したこともあり、二日目までは例年に比べて訪れる方が少ないように感じましたが、最終日は大盛況。多くの方との再会や、新たな出会いの場とすることができました。できることなら、対応に苦慮するくらいの定期購読をお申し込みいただけますと幸いです(笑)

 また来年に展示会の出展を考えておりますので、当ブログでお知らせさせていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

メカニカル・サーフェス・テック2015年6月号発行!

 6月22日に表面改質&表面試験・評価の技術情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」6月号(No.26)を発行します。特集は「機械要素・部品の表面改質」と「処理別特集:洗浄」です。今回は、優れた機械システムの実現において必須となる「機械要素・部品の表面改質」と、大切とされながら意外と疎かにされている「洗浄」について特集を行いました。

 ラインナップは以下となっておりますので、ご興味のある方は「mst」でチェックをしていただけますと幸いです。また、本号は6/24(水)から東京ビッグサイトで開催される「機械要素技術展」で無料配布を行います。会場に行く方でご興味のある方は弊社ブースにお立ち寄りください。何卒よろしくお願い申し上げます。

特集:機械要素・部品の表面改質

・微粒子ピーニングを基盤技術とした表面改質による機械部品の損失低減・・・名城大学
・機械要素・部品におけるバリ取り・エッジ仕上げ技術・・・バリ取り大学
・工作機械部品における表面処理の適用状況と今後の展望・・・ジェイテクト 
・転がり軸受へのDLCコーティング適用による表面損傷防止・・・日本精工

処理別特集:洗浄

・産業用洗浄技術と環境対策・・・みずほ情報総研 
・ドライコーティング前後に求められる洗浄技術の特性・・・ボーラーケミAG

メカニカル・サーフェス・テック2015年4月号発行!

 4月25日に面改質&表面試験・評価の技術情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」4月号(No.25)を発行しました。特集は「金型・工具のコーティング技術」と「処理別特集:窒化」です。金型・工具において他社との差別化を図る技術として欠かせないコーティングと、鋼において低温で低歪処理が可能な窒化を取り上げました。これまで、弊誌は産業別に特集を行うことで、読者の方々が身近で適用がしやすい技術を取り上げるように心掛けてまいりました。しかし、特集を行う産業以外の表面改質技術を取り上げることが少なく、優れた技術にも関わらず、皆様に紹介できない技術もありました。

 そこで、前号より処理別特集を開始。これまで、取り上げられなかった技術を紹介する場を拡大しました。前回の溶射に続いて、今回は表面改質の古くて新しい技術でもある窒化を取り上げました。読者の皆様からの評判も上々で、今後も続けていくことが決定しております。6月号は「洗浄」、8月号は「浸炭」と続きますので、ご期待いただけますと幸いです。

特集:金型・工具のコーティング技術

・切削工具におけるドライコーティングの開発動向・・・オーエスジー
・冷間金型鋼へのPVDコーティングのための前処理と下地処理・・・岡山県工業技術センター
・鍛造、プレス金型に対するPVDコーティング技術・・・ユケン工業

処理別特集:窒化

・ガス活性化処理とガス窒化処理の複合プロセス技術の現状・・・エア・ウォーターNV
・ガス軟窒化処理炉とホローカソード放電によるプラズマ窒化の開発動向・・・中外炉工業学

特集:金型・工具のコーティング技術、処理別特集:窒化

 4月25日発行予定の表面改質&表面試験・評価の技術情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」は、特集「金型・工具のコーティング技術」および「処理別特集:窒化」を企画し、鋭意発行準備中です。金型・工具におけるコーティングは、耐久性向上において他社との差別化を図る重要な技術です。今回は切削工具メーカーのドライコーティングの技術動向や、受託加工メーカーにおける金型のPVDコーティングの選定方法などを紹介します。

 また、今回で2回目となる処理別特集は「窒化」を取り上げます。受託加工を行う立場からガス活性化処理とガス窒化処理の複合プロセスについて、工業炉メーカーの立場からガス軟窒化の適用状況とホロカソード放電によるプラズマ窒化の開発動向について、を紹介する予定です。発売が決まりましたら、お知らせさせて頂きますので、よろしくお願いします。また、広告ご出稿についても承っておりますので、こちらからお問い合わせ頂けますと幸いです。

メカニカル・サーフェス・テック2015年2月号発行!

 2月25日、表面改質&表面試験・評価の技術情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」2月号(No.24)を発行しました。今回は、今後の市場拡大が期待されている「医療機器の表面改質」と様々な分野で適用されている「処理別特集:溶射」について特集を行いました。内容は下記ラインアップをお目通し頂けますと幸いです。

 今号より通常の特集に加えて、「処理別特集」を設けました。とりあえず、一年間実施して、違った角度から表面改質技術を紹介し、読者や広告主の反応を見ていきたいと思っています。今後の特集にもご期待ください。

医療機器の表面改質

◇プラズマ溶射ハイドロキシアパタイトコーティング材のスクラッチ試験による密着評価・・・新潟大学
◇パラキシリレン樹脂膜の医療分野への適用状況・・・日本パリレン
◇PEEK 樹脂コーティングの医療分野への適用 ・・・ダイセル・エボニック

処理別特集:溶射

◇サーメット溶射による機械部品等の耐摩耗性向上・・・物質・材料研究機構
◇高効率ガスタービンにおける溶射の適用と劣化・損傷評価・・・東北大学

 さらに詳しい内容はこちらから。

ASTEC2015、SURTECH2015ご来場ありがとうございました

 1月28日からの三日間、ASTEC2015、SURTECH2015、nano tech2015などにご来場頂いた皆様、誠にありがとうございます。また、当ブースにおきましても多くの読者の方に御来訪いただきました。重ねて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 最終日が悪天候にもかかわらず、前年を超える来場があったようで嬉しい限りです。私も三日に渡って会場におりましたが、当ウェブサイトや雑誌の読者の皆様との会話を通して大変有意義な時間となりました。また、「こんな雑誌あったんだ~」と、展示会でメカニカル・サーフェス・テックを初めて知った方も多いようで、まだまだ認知度を高めるための努力が足りないと感じました。

 今回、ご都合が悪くご来場頂けなかった皆様は、次回、6月24日から東京ビッグサイトで開催される機械要素技術展に出展させて頂きますので、お時間のある方はお会いできると幸いです。また日程が近くなりましたらお知らせさせて頂きますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

今週水曜日からASTEC/SURTECH/nano techなど15の展示会開催

 今週水曜日(1月28日)から東京・有明の東京ビッグサイトで、ASTEC/SURTECH/nano techなど15の展示会が開催されます。これら展示会は、表面改質に関連の深い催しということもあり、弊社も出展させて頂き、雑誌の無料配布や定期購読の受付を行っています。普段、会う機会が少ない方々と合えるのもこういった展示会の楽しみの一つでもあります。期間中は取材などでブースを空けていることもありますが、お時間のある方は当ブースをお訪ねいただけますと幸いです。ブース番号は4Q-27で、中年の大男がいたら、それが私です。お気軽にお声掛けください。

 詳細は、題号下のASTEC2015のバナー広告をクリックしてご確認頂けますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

2015あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。

 昨年は、弊社ウェブサイトおよび雑誌の購読、広告のご出稿等でお世話になり、誠にありがとうございました。本年も皆様のお役に立つ情報発信を心掛け、各媒体の編集を行いたいと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 さて、昨年はウェブおよび雑誌の読者が増加するという嬉しい1年でした。それに伴い、編集部としても取材などで多くの方々と新しい出会いがあり、自分の世界が拡がったと感じる1年でした。今年は昨年にも増して多くの方とお会いし、新しい情報と刺激を交換できる年にしたいと思っております。本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 最後に2015年の仕事を始めるにあたり、読者の皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。

2014年ほぼ終了……良いお年を!

 今年のウェブサイト更新、メールマガジンの送付は本日をもって終了とさせて頂きます。読者の皆様におかれましては、今年も1年大変お世話になり、誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、25日(木)に表面改質&表面試験・評価の技術情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」12月号の発行を控えています。これが今年最後の大仕事となりますが、すでに私の手を離れ、現在は印刷屋さんが休日を返上して一生懸命作業を進めてくれています。内容についてはとてもに自信があるので無事発行できるのを祈るばかりです。

 2015年の業務最終週となる今週は、発行に向けた準備といくつかの企業訪問、事務処理などを行って1年を終えます。12月26日夕方17時までに頂いたお問い合わせや書籍の注文に関しては、年内に対応をさせて頂きます。それ以降のご連絡については、年明けの1月5日以降の対応となることをご了承ください。最後に、前述した12月号の特集内容を記させて頂きますので、お目通し頂けますと幸いです(最後まで宣伝……)。

 それでは、皆様良いお年をお迎えください。

特集:自動車部品における表面改質技術の現状

・マイクロテクスチャの最適設計と創成技術・・・日産自動車
・自動車部品におけるドライコーティングの適用状況・・・デンソー
・自動車部品におけるショットピーニングの適用と効果・・・兵庫県立大学
・工業製品の高機能化を目的とした高周波焼入れ焼戻し・プラズマ窒化・・・日本電子工業

 定期購読をお申し込みの方はこちらから。
 
 特集号のみをご購入の方はこちら(fujisan.co.jp)からお申し込みください。

ASTEC2015 第10回先端表面技術展・会議に出展

 弊社メールマガジンではお伝えさせて頂いておりますが、来年の1月28日から30日までの三日間、東京ビッグサイトで開催される展示会「ASTEC2015 第10回先端表面技術展・会議」「SURTECH2015 表面技術要素展」に出展することが決まりました。ここでは、メカニカル・サーフェス・テックの2014年12月号を無料配布し、雑誌の販売促進を行うとともに、普段お会いする機会がない読者の皆様からご意見をうかがいたいと思っています。

 当日は、前述の展示会の他に、「nano tech2015 第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」、「新機能性材料展2015」、「フィルム産業展2015」など合計15の展示会が開催され、多くの方々の注目を集めることが予想されます。是非ともご来場をご検討頂けますと幸いです。

 今回が4回目となる同展の出展ですが、過去3回は多くの読者の方にブースにお越し頂き、非常に有意義な時間を過ごすことができました。無料招待券の送付をすることも可能ですので、ご希望の方は、お問合せよりご連絡を頂けますと幸いです。

コダマさんの写真
コダマ

編集部のコダマです。
プライベートでは何よりも野球と酒を愛し、
仕事以外の人生はそれがすべてと言っても過言ではありません。
つまり、私の人生は仕事、野球、酒だけで語りつくせてしまうのです。

twitterアカウントは@mechatech
ニュース情報からくだらない情報まで絶賛(?)ツイート中です。