よろしくメカテック

クリスマスイヴの過ごし方

 年末モード突入です。普段なら「年末=忘年会ラッシュ」だったりするのですが、忘年会以外にもやることがあったりしてひっちゃかめっちゃかです。もちろん、順調に忘年会の予定もこなしており、肝臓に負担をかける毎日を送っています。

 さて、年末の大イベントと言えば大晦日ですが、その前にもうひとつあります。そう、クリスマスですね。特に前日の24日クリスマスイヴはあちこちの恋人や夫婦同士が大きな愛の表現をする日です。こんな日に予定が入っていないと、テレビのクリスマス特番を家で視聴しながら何とも言えない気持ちを味わうものです。

 いい歳をして独身で特定の相手もいない編集コダは、家族や友人達から「また今年も一人かよ!」なんて罵声を浴びながら肩身の狭い思いを味わっています。誰が決めたのか知りませんが、24日は一番大切な人と過ごすのが世の常なんだそうです。「おれキリスト教じゃないから」なんて言い訳も虚しくなるだけ。とりあえず、この日に向けて周囲の男たちは色々とがんばっているようです。

 さぁ、では編集コダの一番大事な人は?世の流れにあわせて私も今年は大事な人と過ごすことにしました。めずらしく誘われたんです!今まで隠していたわけではないのですが、私にだって大事な人くらいいるんです。私に会うと始終ベタベタとくっついてきて何でも買ってあげたくなるような存在が。

 あまりもったいぶってもしょうがいないので早々にネタばらしをすると、それは甥です(涙)今年のクリスマスイヴは甥や親(甥にとっての祖父母ですね)と夕食に行くことになりました。どちらも大事といえば大事ですが、種類が違うような・・・。まぁいっか。

 何はともあれ、せっかくのイベントですから皆さんも楽しいクリスマスイヴまたはクリスマスを過ごして下さい。たまにはイエス・キリストさんの誕生を祝うイベントだってことも思い出してあげましょう(笑)

恐怖の克服をするには・・・

 最近、というか以前から考えると恐くて仕方ないことがあります。それは夜な夜な我が家に現れる老婆の幽霊・・・ではなく、ある産業についてです。2008年の9月の当ブログで以下のような記事を書いています。

 カメラ映像機器工業会の調査によると、私が銀塩カメラを購入した2000年のデジタルカメラの生産台数は10,819,583台。銀塩カメラは 32,483,046台。この時の私の判断は、カメラ購入者の多数派だったようです。2001年はデジタル15,955,813台、銀塩27,392,296台。2002年になると、デジタル23,365,320台、銀塩23,104,237と、僅かながらデジタルカメラの生産台数が上回ります。2000年に3倍近く差が開いていたのに。恐るべし、デジタル化のスピード。
 数字を見ると、銀塩カメラは下降の一途を辿り、2007年にはデジタルカメラの生産台数が100,981,778台に対し、銀塩カメラは 720,475台まで落ち込みます。現状のカメラの使用方法を考えると、この傾向はさらに強まると見て良いでしょう。どうやら、銀塩カメラは一部の愛好家しか使用しなくなるようです。
 そういえば、数年前まであちこちで見かけた町の現像屋さんを最近見かけなくなりました。カメラのデジタル化により、影響を受けた企業も数多くあるのでしょう。

 少し前まで数十年主流だった銀塩カメラが衰退しているという話です。恐いというのは、この最後の一文です。数年前までフィルムの現像で生計をたてていた方は大勢いたでしょう。私が記憶しているだけでも近所に数件ありました。その方達はデジタルカメラへの移行により、廃業を余儀なくされたと思います。一つの産業が技術の進歩によってかくも簡単に(かどうかは分かりませんが)突然と言ってよいほど姿を消したのです。もちろん、銀塩カメラ製造にかかわっていたメーカーや工場なども大きな影響を受けているでしょうが、より身近な対象として現像屋さんが思い浮かぶわけです。

 考え出したらキリがないのですが、この記事を書いたことをきっかけに、自分の行っている報道という仕事はどうか?とか、友人が営んでいる工場はどうか?とか、お世話になっているお客さんの業種はどうだなど、考え出すと恐くて仕方がありません。もちろん、そうならないために危機をいち早く察知して異分野への参入を果たしている企業も多く見受けられます。

 もちろんどんな業種にしても技術を追及することは大事です。特に日本の製造業は技術力が肝になっています。ただ、そこだけを見てしまって「求められている機能」を忘れてしまうことが衰退の元凶なんだと思い至りました。そうならないために、様々な産業の方々との情報交換、そして我々のような報道側の情報発信も今後より一層多角的な視点が求められます。恐怖を克服するには、もっともっと充分な取材活動が必要なようです(笑)。

 ちなみに、銀塩カメラの生産台数が現在はどうなっているか確認するため、先の統計を見ると・・・「銀塩カメラは、統計上の要件に満たなくなったことから、2008年1月をもって集計を終了した」とのことです・・・。

忘年会ラッシュ

 師走です。師走なんです。私にとって師走=忘年会ラッシュを意味します。12月に入って週に2件は忘年会の予定が…。酒好きの身にとってはありがたいことではあるのですが、肝臓がもつ(ダジャレじゃありませんよ!)か心配です。読者の方でも同じ悩みをも共有する同士がいることでしょう。

 昨夜も地元の元フットサル仲間と早めの忘年会を行いました。駅前は同じ目的で集まったと思しき人達でいつもより賑わっていました。飲み屋を営んでいる人は今が稼ぎ時なんだろうなぁ、なんて思いながらも馴染みの飲み屋へ。話の内容はとてもじゃないけど、ここには掲載できない下世話なものででしたが、まぁ楽しかったので良しとしましょう(最後の数時間は寝てしまいました)。

 最近は、テレビをつけると歌舞伎役者の市川海老蔵さんの事件の報道ばかりで食傷気味ですが、おかげさまで飲み過ぎていらぬトラブルを起こさないように気を引き締めまています。くだらないことで楽しい酒の席が台無しになるのは避けたいものです。

 さぁ、今日も今週の忘年会に向けて早めの就寝をするとしましょう。楽しく飲んで楽しく仕事。これが私の生きる上でのガソリンです。年が明けると・・・また新年会ですね。ガソリン補給のしすぎにも注意したいものです。

結婚式に出席してきました

 先日、友人の結婚式に出席してきました。式の前は「結婚式やだなぁ」なんて憂鬱に思っていた新朗ですが、「やってみたらおもしろかった!」とのことで、本人たちが満足したようなので出席した甲斐がありました。

 結婚を考える相手もいない私ではありますが、式の途中で考えていたことは、「これが自分の立場だったら」なんてこと。ありもしないことを考えて一人で顔を真っ赤にして他の出席者に「具合悪いの?」なんて心配される始末でした(笑)。

 こういったイベントは当人達がおもしろければいい、というのが私の考えですが二次会、三次会となると数年ぶり、十数年ぶりに会う友人なんかも多数いてプチ同窓会になります。みんなで仕事の近況やら私生活の近況を面白おかしく語り合います。一番盛り上がるのは、すでに離婚を経験した友人の話だったりして、その場に相応しくない気もしましたが、みんな笑顔で楽しそうだったので良いのでしょう。仲の良い友人だからこそできる会話だったりします。

 時間が経つに連れて酔っ払ってくると昔話。「あの時アイツがさぁ」なんて話があちこちから出てきて時間を忘れます。十数年ぶりに会ってもすぐに距離が縮まって昔のように接することができるのが“友達”なんでしょうね。祝うつもりで行ったこちらがパワーをもらった結婚式でした。

 とりあえずは、ここでもらったパワーはいつになるか分からない結婚に向けるのではなく仕事、すなわちメカニカル・テック、bmtに注いでいきたいと思います!皆さんに私達の恋心が届きますように!

スマートフォンに買い替えます・・・かねぇ

 メカニカル・テック、bmtの制作者(制作は私ではないのですよ)をはじめとした周囲の知人・友人が従来の携帯電話からスマートフォンに買い替えたり、電車の中でケータイ(携帯電話よりもこちらの方がしっくりきますね)をいじっている人を観察すると、明らかに以前よりスマートフォンの割合が増えてきました。新聞報道などでも、この分野が好調で各種要素メーカーが増産なんて記事を見かけます。

 スマートフォンのユーザーは、まだ全体の10%未満らしいですが、NTTドコモの山田社長が「3、4年後ぐらいにはスマートフォンと携帯電話の販売が逆転する」と話すように、これから飛躍的に伸びる分野であることは間違いありません。

 まぁテレビCMを見ていれば嫌でもこの流れは実感しますし、各キャリアのホームページを見ると、スマートフォン対応の新サービスが多く見受けられます。

 私も半年くらい前から何となく「買おうかなぁ」なんて思っていましたが、実物を見るとその気持ちがさらに強くなります。多少、月々の維持費は高くなりますが、手のひらサイズのPCで電話も出来るのだから、これを買わない理由はないと思ったのです。まぁ従来のケータイに比べると、設定などが面倒でPC音痴の私としてはしばらく苦労しそうですが(笑)

 ただ、いざ買おうかと思って各種製品を見比べると、優柔不断な性格も手伝ってどの製品を買って良いのやら・・・。色々調べると、スマートフォンはケータイからスマートフォンへとユーザーが移行しているように、技術面でも現在が過渡期のようなんです。ですから、買ってから数ヵ月後には格段に高機能な製品が発売されているのです。私も迷っているうちに時間が経って「あぁ、もうすぐ次の製品が出るなぁ」なんて悶々としながらいまだ買わずにいます。

 「買いたい時が買い替え時」なんて言いますが、いつが買いたい時なんだか自分でもよく分からなくなっています(笑)。もうちょっと迷うことを楽しみつつ、近いうちに購入しようと思います。

物騒な世の中だ

 仕事柄、移動をすることが多いにもかかわらずパソコンが必要になることが多々あります。ニュースの更新だとか緊急なメールを頂いて返事を書かないといけないとか状況は色々。そのため、外でもネット環境が整うように安価な公衆無線LANを利用しています。

 月額数百円とコーヒー代でネットが利用できるのだから、私みたいな仕事をしている人間には便利なものです。また、都心の駅近くであれば繋がらないところはないので、ネット環境に困ることはありません。ただ、これを利用していて困ることが一つあります。

 それはトイレです。

 そんなもん、行けばいいじゃないかと思うかもしれませんが、いつ盗難にあうか分かりません。データがつまったPCと取材資料などを持っていかれた日にはたまったもんじゃありません。数日間仕事になりません。なので、どうしてもトイレに行きたくなった時は、店を代えるようにしています。帰り際にトイレによって新たな店に移るわけです。

 まぁ、一応念には念を入れての行動なわけですが、最近は物騒ですから。というのも昨日に母から電話があり、引ったくりにあったというのです。自転車のかごに入れていたバックごと持っていかれたそうです。中には財布も入っており、保険証やら銀行カード、家の鍵も入っていたそうです。普段、知人と話していて「世の中物騒だからねぇ」なんて話を振られても「そうかぁ?」なんて返していましたが、自分の身内が事件に巻き込まれた途端「なんて物騒なんだ!」と騒いでいます(笑)

 母にケガもなかったようなのでとりあえず、「自転車のかごにカバーをつけなよ」と言って済ませましたが、強盗する奴もいるわけで、安心とは言えませんね。皆さんも気をつけましょう。こういう卑劣な輩は自分よりも力の弱い人を狙う傾向にあるので女性は特に気をつけて下さい。

 ダラダラと書かせて頂きましたが、一つ言いたいこと。母の財布には私の名刺が入っていたそうです。名刺は私のものしか入っていないそうです。だから、ひょっとしたらひったくり犯がこのブログを見ているかもしれません。というわけで、犯人に告ぐ。金目の物を盗り終えたなら他のものは返してあげてね。大事なものも入っていたみたいだよ。あと一つ。働け。

2010プロ野球日本シリーズ終幕

 ついさっき、千葉ロッテマリーンズの優勝が決まりました。野球を知らない人には何が何だか分からないでしょうが、2夜連続の大延長戦は、野球好きとしては堪らない試合でした。この結果には「パリーグ3位のチームが日本一か・・・」など色々と意見はありますが、素晴らしい戦いを見せてくれた中日ドラゴンズと千葉ロッテマリーンズの選手達には本当に「ありがとう!」と言いたいシリーズでした。

 さて、昨日に引き続き本日も延長戦となった試合ですが、テレビ中継も9時終了予定から140分の延長となりました。おそらく、この後の番組はすべて140分遅れで放送されます。現在0時ですが、9時から10時放送予定だったドラマがまだやっています。見ないので確かなことは言えませんが、0時20分に終わるのでしょう(当たり前ですけど)。

 なんてクダラナイことを考え、テレビ番組表を見たところ0時55分からF1ブラジルGPがあるようです。生中継だとしたら、F1までに放送する予定だった番組は休止するのでしょうか。それともF1中継を休止するのでしょうか。その後の番組はどうなるのか。野球中継の後に予定されていたCMの料金はどうなるのか。野球好きだと言ってる割に下世話なことばかりが気になっています。

 というわけで今日はフジテレビの番組編成の行方に注視すると見せかけて、さっさと寝てしまおう。気にしていたら朝まで起きていないとならないですからね(笑)

「メカニカル・テック」「bmt」リニューアルのお知らせ

 機械・要素技術のポータルサイト「メカニカル・テック」とベアリング&モーション技術の情報サイト「bmt」をリニューアルしました。両サイトともデザインが少し変りましたが、一番の変化はフォントでしょう。前回のフォントが不評だったこともあり色々と検討を重ねた結果、今回のフォントを採用しました。サイズも大きくしたのでクッキリとして見やすいですよね?

 内容面では、従来bmtの情報を一部メカニカル・テックのニュース・注目の新製品に入れていましたがこれを完全に分離しました。これで両サイトを見て頂いている方が情報を重複して受け取らないように致しました。つまり、ベアリング&モーション技術関連の情報はbmtにのみ掲載されることになります。ただ、両サイトに関係する情報もあるので、片方のサイトのみを見て頂いている方の情報の受け取り漏れを防ぐため、メカニカル・テックには「bmt配信ニュース」、bmtには「メカニカル・テック配信ニュース」として新しく項目を設けました。

 また、ニュースの分類を「要素技術」と「産業」に分けて、さらにそこから細分化したカテゴリを設定しています。分野別にニュースを遡りたい時などはこの機能をご使用ください。

 その他ちょこちょこといじってはいますが、まだ完全とは言えないのでこれからもマイナーチェンジを行い、読者の方々が効率よく情報を得られるようにしたいと思っています。

 読者の皆様からも内容などにご意見・ご要望がある時はお寄せ下さい。それでは、今後もメカニカル・テックならびにbmtをよろしくお願い致します!

Did you know 3.0 あなたは知っていましたか?

 「Did you know 3.0」という動画を「あなたは知っていましたか?」。日曜日、仕事の合間に教えてもらった動画です。試しに一度見てみて下さい。バックで流れている音楽もFATBOY SLIMの「Right Here, Right Now」という曲で、妙に内容と合っていて視覚・聴覚共に楽しめる動画です。まずはどうぞ。

 これは、米国の高校教師が作った動画みたいです。ただ、見て頂いた方は分かると思いますが、すべての人達に当てはまるものだと思います。

もしあなたが中国で「100万人に一人の逸材」なら・・・
あなたみたいな人が国内に1300人います。
中国はまもなく世界一英語が話されている国になります
インドの「IQが高い側から25%はアメリカの全人口よりも多い

 日本国内では消費国、そして工場として注目されている両国ですが、この数字を見ると近い将来必ず日本と技術を競う国に成長するでしょう。そして、日本の人口は減少の一途を辿っています。ということは、当たり前のことですが、各業界に携わる人の数も減少するわけです。さらに国内での競争率も下がることを意味しています。だから、日本は余計に世界に目を向けないといけないわけですね。

googleでは毎月310億件の検索がなされています。
2006年には27億件でした。
いったい誰にこれだけの質問がされていたのでしょうか?

 自分に置き換えて考えてみると、よく思い出せない(笑)。もしかしたら、分からないまま放っておいたかもしれません。深く知識を仕入れたい時は、今でも書籍を購入しますがサラッと調べたい時はすぐにPCに手が伸びます。googleを使用する以前よりも知識は明らかに増えているでしょう。

 これからさらに成長するであろう中国、インドはgoogle以後の“これから”国家の隆盛を迎えるはずです。加えて比較的近くにある日本から技術者を引き抜き、日々成長しています。これが何を意味するのでしょうか?

2010年に需要のある仕事上位10位は
2004年にはまだ存在していませんでした。
いま私たちは学生を教えています。まだ存在していない仕事に備えて。
まだ発明されていない技術を使って
まだ知らない問題を解く仕事に備えて。

 この動画を見ている最中は少し恐ろしくなりました。日本大丈夫か・・・と。ただ見終わった後は逆に奮起させられた気になりました。とりわけ最後に表記した部分に希望を感じました。便利な世の中だからこそ、一人ができることはこれからもっと増えるし、形に表れにくいこれまでの経験値が重要になってくると。とりあえず、製造業の傍らにに携わる一人として自分のやるべきこと、できること、できそうもないけどやりたいことを必死にやっていこうと思わされた動画でした。ってなんか青臭いですな。

超初心者のためのtwitter登録方法

 何度かtwetterに関して当ブログで取り上げたことがあります。twitterがどういったものなのか、といった説明はその時の記事を読んで頂くとして、最近よく聞かれるのが「twitterってどうやってやるの?」ということ。ここで生真面目な編集コダは「twitterというのはですね、140文字以内で・・・」なんて説明を始めるのですが、「いやいやそうじゃなくて、どうやって登録すんの?」とのこと。

 PCは自分の必要なことにしか使わず、こういったツールを使用したことがない方が結構いるみたいです。何度も申し上げていますが、私もそちら側のPC音痴人間です。ただ、最近調べることが多いのでグーグルを使用して様々なことを検索する癖がつきました。グーグルで調べる、これ『ググる』って言うらしいです。まぁいいか。

 twitterの登録の話に戻ります。登録は簡単です。twitterのホームページに行って簡単な事項を記入して終了です。本当にこれだけです。そのまま聞かれた方に説明するのですが、「???」という顔している方もいます。別の話があったりするので、その時はそのまま話が終わりますが、説明した方の数に対して「はじめたよー」という方の数が少ないので、私の説明が分かりにくかったのかもしれません。というわけで、突然ですが、当ブログで簡単に説明させて頂きます。

 まず、twitter( https://twitter.com/ )にアクセスします。下のような画面がでてくるので、右上の「登録する」をクリックします。

twitterホームページ

 すると、下の登録画面が出てきます。ここに必要項目を記入して「アカウントを作成する」のボタンを押せば終了です。
twitter登録画面

 名前は日本語が可能でユーザー名は英数字のみです。パスワードは6文字以上で設定して下さい。

 あとは有名人だとか自分に関係ありそうな人を数十人フォローして、積極的に話しかけてみて下さい。自分をフォローした人(フォロワー)には自分の発言が見えるようになります。編集コダ(ユーザー名:mechatech )にDM(ダイレクトメール)を送って頂ければ、すぐにフォローしますので練習台に使って下さい。

 まぁ、合わなければやめればいいわけです。気軽に始めてみてください。使いようによっては良い情報交換が出来ると思いますよ。

リニューアル宣言

 メカニカル・テックのリニューアルを計画中です。本来なら、新しく立ち上げるホームページと同時に行う予定だったのですが、思いの外新しいホームページが難航していて待っていても仕方がないので、メカニカル・テックの方だけ先行して作業を行うことにしました。

 特に内容面で大きく変えるつもりはないのですが、読者の方に指摘されていたフォントの変更や全体のデザインをちょこっといじる程度になると思います。また、メカニカル・テックとbmtで情報がダブっているベアリング関連のニュースをbmt主体に掲載するなど、それぞれのサイトの独自性を尊重した作りにしようと思っています。

 リニューアルの際には、このブログを秘密裡に消去してしまおうと企んでいた編集コダですが、意外にも読んで頂いている方がいて「おもしろいよ」なんて御世辞を言って頂くこともあるので、調子に乗ってもうしばらく続けてみようと思います。

 正直な話をさせて頂くと、このブログもはじめた当初は機械関連の話を織り交ぜて、少しでも読者の方々の役に立つものにしたいと思っていたのですが、現状は「日々雑感」みたいな内容です。個人や会社のホームページでブログをやっている方は分かると思いますが、日々ネタ不足なんです(笑)。

 ニュースに書く内容じゃない有益な情報を探してみたるするんですが意外とないんですよね。おもしろい話は人から聞いたオフレコの話だったりするので、書くわけにもいかない。だからと言って、「今日はどこどこのレストランでおいしい料理を食べました」なんて芸能人みたいなことを書くわけにもいかない。そうやって意外にも考えて続けているのが「よろしくメカテック」だったんです。

 なので役にはたたないまでも、せめて少しで笑って頂けたらなぁなんて思いながら書いているつもりです。そんな風に考えたら更新が楽になったので良しとします

 なんて言っておきながら今回のブログには笑いどころはないんですが、「リニューアルを来月までにしますよー」というお知らせで勘弁して頂きましょう。

 あ、そうそう。そのうちサイト内でちゃんとした形でニュースリリースの募集などをしようと思っています。その前に読者の方で、「うちの製品紹介よろしく!」とか「うちに取材来てよ!」なんて方は「お問い合わせ」からご連絡を下さい。何から何まで掲載することはできませんが、皆さんの力になれるようにがんばるつもりです!

 というわけで、よろしくメカテックを今後も“しばらく”よろしくお願いします!

禁酒に続き禁煙か!?

 10月1日からタバコが値上がりしました。愛煙家で貧乏な私にとってはとても辛いですが、政府が決めたことであり、国民の支持も得られているみたいなので「仕方ない」と諦めています。でも、往生際が悪いので、色々と考えてみました。

 私の吸っているタバコは350円から470円に。120円の値上がりです。仮に1日1箱を吸ったとします(最低でも1日1箱は吸います)。470円×365日で年間171,550円(うわぁ)。これまでは350円×365日で127,750円だったわけです。要するに、1年で43,800円多く払わなければならなくなったんですね。

 って何気なく計算したら(最低でも)タバコ代だけで1年でこんなにお金を払っているのか。しかも体に毒ときたもんだ。禁煙者も増えるわけだ。

 ついに私も考える時が来たか。禁煙てやつを。

 喫煙を始めて十数年になりますが、一度も禁煙をしたことがありません。考えたこともありません。ただ、今回の値上げを機に「体にも悪いし」とか色々と理由づけして、禁煙の方向に考えていく自分がいます。多くの友人が禁煙を実行していることも関係あるのかもしれません。

 ただ、奴とは長い付き合いです。これまでの人生で嬉しい時、悲しい時いつも奴は私のポケットにいてくれたし、言葉も出ないような状況に出くわした時、煙を出すことで言葉以上の役割を果たしてくれたこともありました・・ということはなく、ただ単にニコチン中毒です。

 ニコチン中毒?

 以前の記事で禁酒をしたことを書きましたが、中毒を意識すると少し興味が湧いてきます。果たして自分はタバコをやめられるのか、と。うん。禁煙をするとすればこれが一番しっくりときますね。

 しかし、まだしばらくは税金を払い続けますので、暖かい目で喫煙者を見守ってやって下さい。

ヤケ酒

 やられました。日本のプロ野球パシフィックリーグは、ソフトバンクホークスが7年ぶりのリーグ優勝を果たしました。一時は優勝マジックが点灯した我が西武ライオンズでしたが、ホークスとの直接対決3連敗を含め5連敗。正念場になってからの勝負強さでホークスが上回っていたということでしょう。

 これからペナントレースの2位のライオンズと3位のチームが対戦し、勝った方が優勝したホークスと戦うクライマックスシリーズに進みます。個人的にはペナントレースで優勝したチームが日本シリーズに進むべきだと思っているので、複雑な思いで試合を観戦することになりそうです。

 野球を知らない人には、何が何だか分からなくて申し訳ありませんが、自分のことではないのに悔しい・・・。惜しかっただけに余計悔しい・・・。

 この悔しさは3日、10日にある自分の草野球の試合で晴らすとして、今日は倒れるまで(一人で)ヤケ酒をしようと思います。

 とりあえず、ソフトバンクホークスファンの皆さんおめでとうございます!!!

 

テレビから動画サイトへ

 プロ野球のペナントレースが大詰めを迎えています。私の愛する西武ライオンズは優勝マジックが点灯していますが、まだまだ予断を許さない状況。これを書いている現在、放送中の対ソフトバンクの首位攻防戦。負けています・・・。

 今年は地上波放送の減少もあって、例年よりもプロ野球の試合を見ていない気がします。マスメディアの代表格である地上波放送が野球放送をしないということは、野球がマス(大衆)に訴求するソフトではなくなっていることを意味するのかもしれません。ただ、総じて地上波放送の視聴率は低下しているみたいなので、野球人気だけが衰退しているわけではなく、テレビというハード自体が魅力を失っているのかもしれません。

 私自身もテレビの電源を入れる回数が以前より減りました。新聞のテレビ欄を見ると、同じようなバラエティ番組ばかりで、とてもじゃないけど見る気になりません。

 その変わりと言ってはなんですが、最近はユーストリーム( http://www.ustream.tv )というパソコンの動画サイトを見たりしています。この動画の特徴は、動画視聴者とのチャット機能や視聴者から投票を受け付ける機能などがあるものですが、単純に放送されている番組がおもしろいのです。

 例えば、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還の模様を生中継、孫正義×佐々木俊尚 『光の道』対談生中継といった多くの人が興味を持ちそうなものから、横浜のバス交通を考えるシンポジウム生中継、首都高・箱崎付近の交通状況をライブ配信といった誰が見るんだろう(失礼!)といったコンテンツを放送しています。ちなみに、横浜のバス・・・と首都高・箱崎・・・はこれを書いている現在放送されていますが、視聴者数は二人、十五人です。

 これらは、カメラがあれば誰でも簡単に全世界に向けて生中継できることから、成立しているものです。実行したことがないので詳しいことは分かりませんが、iPhone1台あれば良いみたいです。生中継の他にも過去に放送されたアーカイブも見ることが出来るので、一度覗いてみてはいかがでしょうか?何かしら自分の興味にあったものがあるかもしれません。
 

いま話題のノンアルコールビールを飲んでみた

 先週の当ブログにあるとおり、(一人で)その場のノリと勢いで禁酒をすることにしました。禁酒当日は、特に「酒飲みてぇぇぇぇ」と禁断症状が出るわけでもなかったのですが、何となく口寂しい感じなので、いま話題のノンアルコールビールを飲んでみました。

 テレビの情報番組や雑誌で何かと取り上げられているノンアルコールビール。以前から気にはなっていましたが、酔わない酒に用はないとばかりに手に取ることはありませんでした。しかし、どの媒体でも味は普通のビールと変わらないという評価だったので、今回の禁酒を機に飲んでみようと思ったわけです。

 少しワクワクしながら350mlのプルトップをあけると、匂いは無臭。ビール特有のアルコール臭はしません。ノンアルコールだから、当たり前といえば当たり前です。しかし、「味はビールなんだよな」と思いながら、口に含んでみると・・・。

 マズい!思わず友人数人にメールを送ってしまうくらいマズい!え?ビールと味が変わらないって?「テレビの嘘つき!雑誌の嘘つき!みんな飲料メーカーの広告が欲しいからって御世辞言ってるよ」というのが正直な感想です。

 私が感じた味は出来そこないの麦コーラでした。麦コーラ(メッコール)を知らない人も多いかと思いますが、私が小学校の頃に北海道の祖母の家に行くと、必ず一ケース買い置きがあったジュースです。これは飲み始めた当初、人生で一番の激マズジュースだったのですが、「せっかく買っておいてくれた祖母に悪いな」という義務感から、毎日無理して飲んでいるうちにいつの間にかハマってしまった自分の中で伝説のジュースです。そういえば最近見かけないな。

 いや、麦コーラは良いでしょう。当時は小学生ながら、それを飲まなければならない理由があった。ノンアルコールビールについては、残念ながら祖母は買い置きをしていません。だから自分で進んで買わないと、激マズ→義務で飲む→ハマる、という図式は成立しないんです(ドン!)。

 ひょっとしたら、たまたま選択した企業のノンアルコールビールが自分に合わなかっただけで、他社の製品はおいしいのかもしれませんが、色々試してまでノンアルコールビールを飲むこともないと思って、禁酒2日目からはコーラを飲んでいます。

 まぁ、一応ビールという名がついているので、飲んでいる雰囲気を味わうくらいの気持ちなら良いのかもしれません。私は二度と買いませんが、まだ飲んだことのない方は一度試してみて下さい。1本飲み終わるうちに麦コーラ現象が起きるかもしれませんよ。

プチ禁酒宣言

 お盆休み中に誕生日を迎え、また歳を一つ取りました。ビジネス上では、まだまだ若輩者ではありますが、世間から見れば34歳は立派な大人です。精神的には成長していると感じませんが、周囲の友人たちの話を聞いていると歳を感じます。

 それは結婚ラッシュ・・・はもう過ぎ去り、みんなから「病気になった」なんて話を多く聞くからです。幸い、まだ亡くなった友人はいませんが、結構酷い病気にかかっているといいます。

 また、健康に気を使ってか周囲の喫煙率が半分くらいに低下。ヘビースモーカーの私としては肩身の狭い思いをしています。これも健康に気を使っての現象みたいです。

 私自身は大きな病気をすることもなく、疲労が取れ難くなったくらいでしか加齢を感じることはありません。そのため、ヘビースモーキングと毎日の飲酒を若い時から続けていられるんでしょう。

 ただ、元気だからといってこのままで良いのでしょうか!(ドン!)。この不摂生が祟って、いつ具合が悪くなるか分かりません。もし、具合が悪くなったら私の愛する妻や子供達・・・はいないので、愛するお客さん達(笑)にご迷惑をかけるかもしれない!

 そこで!今週より毎日行っていた飲酒日を減らします(おい、それだけかよというツッコミはご勘弁)。とりあえず、週7日浴びるように飲んでいた生活を改め、週4日に減らします!なんと、従来比で年間150日以上飲酒を控えることになります。いま、これを書いている勢いで決心しました。

 読者の皆様にはどうでも良い話ですが、東京の片隅で一人の記者が小さな決心をしたのでありました。まぁ、一人寂しく家で飲む回数を減らすだけなので、読者の方を含めた関係者各位と居酒屋に行った時にウーロン茶のグラスを傾ける、なんてことはありませんのであしからず。

 やるぞ~。

野球の試合の度に繰り返される前日

 今週は日曜日が草野球の試合なので、主要な更新を土曜日に行いました。さっきもろもろの作業が終了し、気付いたら日付が変わっていました。本来なら、終了を祝して「酒でも飲むか!」なんてなるわけですが、明日の試合に差し支えるのでやめておきます。

 というのも最近の暑さは、8月も終わりだというのに熱いといってもよいくらいで、直射日光を大量に浴びる場合、酒なんて飲んでいると熱中症になる恐れがあります。何度か試していますが、本当にシャレになりません(笑)。

 現在、チームは公式戦2勝3敗。明日は星を五分に戻すための大事な戦いです。酒なんて飲んで熱中症未遂を犯している場合ではないんです。今日は、明日の試合のために朝からバッティングセンターに行って、グローブとスパイクの手入れをしました。まぁ、これは毎回のことなんですが、さっきまで試合のシミュレーションを自分なりにイメージしながら少しだけトレーニングしました。

 しかし、そんなに明日の試合にかけている私の横には何故かビールの缶が!これも毎回のことなんですが、結局我慢できないわけですね(涙)。あと出来ることは、さっさとこれを飲みほし、睡眠をとることです。というわけで、もう一杯くらい焼酎を飲んで明日の試合に備えるとします(笑)。
 

二週間ぶりです!

 二週間ぶりのブログ更新です。普段、大したことを書いているわけでもないので、あまり「待ってました!」なんて人はいないでしょうが、週一回くらいこういった駄文を書くのも悪くないものです。自己満足です(笑)。

 休ませて頂いた間に、なんと34歳になりました。自分の感覚としては、ついこの間まで15歳だったのですが、それから19年なんですね。どおりですぐに筋肉痛になるし、ケガをするし、ケガは治りにくいわで考えてみたら結構歳をとっているもんなんですね。

 休み中は、どこかへ行ったわけでもなく、メカニカル・テックのニュースを更新したり、知人の仕事の手伝いに行ったりと、休んでいるんだか働いているんだかよく分からない日々でした。まぁ、自分のやりたいことをやるのが休みだと思うので、これで良いのでしょうね。お陰さまで気持ちはリフレッシュ出来ました。

 しかし、世のお父さん方はそうもいかなかったでしょう。せっかくの夏休み。私がニュースでしか知らない大渋滞に巻き込まれた方もいるかと思います。ただ、大人にとっては邪魔でしかない渋滞も子供達にとっては思い出に残っているはずです。現に、私自身が小学校の頃に旅行に行ったり、田舎に帰った道中の渋滞を今でもはっきりと覚えているのですから。

 考えてみれば親子ゆっくりと語り合ったりするのは、渋滞などの無理矢理作られた無駄な時間にしかないのかもしれません。家の中ではゲームやネット、宿題、読書、テレビと休みであっても大人、子供ともにやることがいっぱいです。なので、こういった思い掛けない無駄な時間を有効に使うのが子供の心に残るものです。

 そして、そういった記憶が自分の子供、つまり皆さんのお孫さんに引き継がれていくものなんだと思います。素晴らしいなぁ。

 親から与えられた素晴らしい思い出は、次代の子供たちにも伝えていきたいものです。子供がいなくても、会社の部下だとか後輩、親戚の子供でも良いから、自分が経験した素晴らしい経験を次の世代に伝えていきたいものです。大袈裟に言うと、それが文化の継承だったりするんでしょう。

 う~ん。歳を一つとって「伝えたい病」を発症したようです。とりあえず、手近にいる二人の甥に嫌がられることを恐れずに実践していきたいと思います。って結婚しろ!?

前回のメールマガジンが101号でした

 8月2日のメールマガジン発行で、101号を迎えました。これも読者の皆様方が読んで頂いているお陰です。ありがとうございます。

 何故100号を迎えた時にお礼を言わず、101号を迎えた今なのか?それにはとても深い理由があった、わけではなく単に気付かなかっただけだったりします。メールマガジンの挨拶では、しっかりと書きましたが、別日に書いている当ブログはいつもネタ不足だったりして気にしていませんでした(笑)

 正直な話、ホームページを始めた当所のアクセス数であれば、ここまで続いていなかったと思います。誰も見ていないものを続けてもしょうがないし、ビジネスにも結び付きません。だから、「アクセスして頂いている皆様のお陰」というのは、おべんちゃらでもなんでもなく、嘘偽りのない素直な私の言葉です。

 ここまでの2年間、私達は読者の皆様に有益な情報を効率的に提供していくことを一番に心掛けて、情報の充実に努めてきました。まだまだ足りないところはあると自覚していますが、今後、新しい分野のホームページの設立、コンテンツの充実を計画していますので、長い目で見て頂けると幸いです。もちろん、内容に対するお叱りの言葉や要望を頂けることもありがたいことなので、いつでもお問い合わせ欄からお寄せ下さい。

 頻繁に見て頂いている方は、これを機にメールマガジンに申し込んでみて下さい。特別なことは書いていませんが、更新内容は一目で分かるようになっています。ひょっとしたら、あなたがすぐにでも知っておかなければならない情報が掲載されているかもしれません。

 感謝の気持ちを表そうと思ったら、何だか湿っぽくなりました(笑)。簡単に言うと「今まで本当にどうもありがとうございます。これから、もっとよろしくお願いします!」ってことです。

続・道端で突然話しかけてくる若者達

 先々週の当ブログで「道端で突然話しかけてくる若者達」という記事を書きました。道端で突然名刺交換を申し出てくる若者についてでした。理由は現在も判明しておりません。記事の最後に「次回、人の良さそうな若者に話しかけられたら、根掘り葉掘りしつこく聞いてみようと思います」と書きましたが、すぐ後にその機会は訪れました。

 ある展示会会場でのことです。最寄駅を降りて少しすると、「すいません!」と若者が話しかけてきます。「来た!」と思いましたが、目的地に至る電車内と外があまりにも暑くて、一刻も早く会場に入りたかったので、聞こえないふりをして速足で会場に向かってしまいました。気になっていた方申し訳ございません。

 「また近いうちに声をかけられるだろう」と思っていたこともあり、そんなに気にもしていたかったのですが、会場内に入って知り合いと話をしていると、それらしき若者がいます。通る人に名刺交換のお願いをしているのです。私のところには来ませんでしたが、明らかに“いま”注目の若者です。

 何となく、その若者を目で追っていると仲間がいることに気付きました。何事か5人くらいで笑いながら相談をしてからまた声をかけて回っているのです。会場の駅にもいて、会場に至る通路でも見かけて会場内にも同様の若者がいるわけです。正直、異様な行動をしている若者が多くて少し怖くなりました。今までの名刺交換、大丈夫かななんて考えたり・・・。

 言葉で説明するのは難しいのですが、大勢で談笑してから名刺交換に向かう姿が普通の仕事を生業としている人に思えない動きに見えたのです。暴論を承知で言うと、ネズミ講にはまっている人を見た感じでしょうか。何だか少し病的な行動の雰囲気に感じたのです。

 とは言っても、もう何枚も配ってしまっているため遅いので、次回は若者から根掘り葉掘り聞き出したいと思います。考えてみたら、私が騙されたり何かに巻き込まれても失うものはそんなにないので、怖くはないか。

 というわけで、もう少し涼しくなったら若者を質問攻めにしたいと思います。あと、名刺交換をした若者で、もしこれを見ている人がいたら二つ忠告。一つは大勢で名刺交換作戦をやっていると、良否に関わらず怪しい集団に見えるよ。もう一つ。暑い日は交換の確率が低いと思うから、違うことをやらしてもらったらどうかな?