ジェイテクト、Dmn値250万の工作機械主軸用円筒ころ軸受を開発

 ジェイテクト(Tel.052-527-1900、 http://www.jtekt.co.jp )は、工作機械の高速主軸用に「ハイアビリー円筒ころ軸受シリーズAタイプ」を開発、オイルエア潤滑でDmn値250万を実現した。2009年5月に量産を開始する予定で、販売は5億円/年を予定している。

 工作機械の高機能化にともない、主軸用軸受には高速性・高剛性への要求が高まっている。これまでは、高速主軸のリア側には性能を確保しやすいアンギュラ玉軸受を組み合わせて支持していたが、周辺構造が複雑化する傾向にあった。本円筒ころ軸受は高速化に適しており、リア側支持への活用により、周辺構造の簡素化・コストダウンが可能となる。

 レース、ころ材料には、入手しやすい一般的な軸受鋼を採用し、高速化に向けた内部設計を最適化。 保持器には、軽量・高強度の特殊樹脂材料を採用し、ポケット形状を最適化することにより、ころとの摩擦低減を図り、温度上昇を抑制する。

 本製品は、オイルエア潤滑で、Dmn値250万(当社比1.5倍) の高速性能を実現したほか、同社従来タイプの軸受より昇温を15%低減した。