不二越、省エネ・省スペース、フレキシブルな高能率加工を実現する工作機械4機種を投入

 不二越(Tel.076-423-5140、 http://www.nachi-fujikoshi.co.jp )は、産業機械分野の拡大をねらいとして、原動機や建設機械、ポンプ、減速機をはじめとした各種部品の高精度・高能率、省エネ加工を追求した最新鋭4機種を開発した。

 開発したのは、油圧と電動を融合し、コンパクト・省エネのブローチ盤「ハイブリッド・ブローチ盤Mi5050PA」(写真)、作業性に優れた省エネ・コンパクトな研削盤「内面研削盤IG-06SA」、フレキシブル対応、省エネ・省スペース、保全性向上(潤滑油フリー)の「フレキシブル・マイクロフィニッシャ MFxx」、省エネ・コンパクト化の「MQLパワーセルGH423」の4機種。

 産業機械市場での工作機械の売上を2008年見込み40億円/年から、2012年には120億円/年に拡大する計画。

? 産業機械を中心とした機械加工の分野では、高精度・高能率加工に加え、環境負荷とコストの低減、保全性の向上、多品種・混流生産に対応可能なフレキシブル性のニーズが高まっている。

? これに対し、今般開発された工作機械4機種は、最新型省エネ・コンパクト油圧機器や、オートツールチェンジャー(ATC)、自己潤滑機能付きボールねじを標準装備。さらにワークの脱着に適した7軸ロボット(MR20)や、クーラントのフィルトレーョンシステムをセットで提供することにより、省エネ・省スペース、フレキシブルな高能率加工を実現する。

? ハイブリッド・ブローチ盤「Mi5010PA」は、ACサーボモータと油圧ポンプを融合し、必要な時だけ稼働する省エネ・コンパクトで高精度な油圧システム「パワーマイスター」を採用。油圧の強力なパワーと電動の再現性・制御性をコンパクトに融合することで、高精度・高能率な加工性能を向上させつつ、加工時の消費電力と設置スペースで同社従来機対比40%削減する。

? 「IG-06SA」は、加工内径を最大φ60?に設定し、機械幅を従来機に比べ600?短縮、設置容積で40%小型化した。また、加工時間の短縮とあわせ、インバータ駆動省エネ油圧ユニットNSPシリーズを採用することにより、従来比21%の省エネ(CO2換算で年間2.9tの削減効果)を実現した。

? 「MFxx」は、ワークの寸法、形状に応じて交換が必要なフィルムとシュー、アームをコンパクトに一体化し、脱着が容易なカセット型ユニットにしたうえ、このカセット型ユニットを自動交換することにより、産業機械分野の多品種・混流生産ラインで、フレキシブルな高能率加工と自動化を実現。

? 「GH423」は自動車分野をターゲットとしたMQLパワーセルシリーズに、機械剛性を高め、高負荷加工、高精度加工に対応可能な機種としてラインアップしたもの。1台で、粗加工から仕上げまで一連の加工が可能になり、建設機械や農業機械向けのクランクシャフトをなど、多品種・混流生産ラインへの適用を可能にした。