ジェイクトが三井精機工業の株式を追加取得

 ジェイテクト( http://www.jtekt.co.jp/ )は、三井精機工業(阿部忠之社長)との連携強化により工作機械事業の拡大を図るため、このほど三井精機工業の株式を追加取得した。これにより、ジェイテクトの出資比率は30.34%となる。

 ジェイテクトは2003年3月に、工作機械分野における国際競争力強化のため三井精機工業と包括的業務提携の契約を締結。同年7月には三井精機工業の株式15.8%を取得し、横形マシニングセンタの共同開発や欧州統一販社設立をはじめとする協業を進めてきた。

 また、同社は自動車関連以外への工作機械事業拡大に取り組んでいたが、今回の追加取得により三井精機工業との連携をさらに深め、両社の強みを融合させて航空機、エネルギー関連産業や新市場への本格参入を目指す。今後はジェイテクトの子会社で工作機械の製造・販売も行っている光洋機械工業(宗眞臣社長)も加え、3社連携を強化し、各々の特長を活かして工作機械事業の拡大に取り組む考え。