三菱重工、ターボチャージャーでTBKと提携

 三菱重工業( http://www.mhi.co.jp )は、ターボチャージャーの増産に向け、TBKグループと資本・業務提携することで合意した。排ガス規制の広がりやエンジンのダウンサイジングを背景にターボチャージャーの需要が成長していることを踏まえ、同社は、ターボチャージャー用部品の品質、納期、コストなどを考慮しつつ安定的に調達していくため、TBKグループとの関係を強化していく。

 三菱重工では、資本提携によりTBKの普通株式1,341,000株(発行済株式総数に対する割合4.6%)を取得したほかタイ子会社であるMitsubishi Turbocharger Asia(MTA)がTBKのタイ子会社であるTBKK(Thailand)(以下TBKK)の株式51,286株(発行済株式総数に対する割合2.5%)を併せて取得する。

 業務提携の内容は、TBKKがMTA敷地内に分工場を設置、MTA向けの部品を加工し、安定的に供給するもの。同取引について業務提携を行い両社事業の発展を図る。