THK、ボールリテーナ入りコンパクトボールねじを開発

ボールリテーナ入りコンパクトボールねじ THK( http://www.thk.co.jp )は、エンドキャップ循環方式を採用したコンパクトなボールリテーナ入りボールねじ「SDA形」を開発した。装置のコンパクト化、低重心設計に貢献する。

 特徴は以下のとおり。

  1. 優れた高速性
    5000min-1(最高DN値13万)の高速使用が可能。
  2. 新循環方式によるスリムナット
    新開発のエンドキャップとRピースにより、理想的なボール循環構造と大幅なコンパクト化を実現(同社従来品リターンパイプ方式に比べ、外径比 最大30%のコンパクト化)。
  3. 低騒音・長期メンテナンスフリー
    ボールリテーナの採用により低騒音、長期メンテナンスフリーを実現。