タンガロイ、耐熱合金加工用チップブレーカを販売

タンガロイHMM形 タンガロイ( http://www.tungaloy.co.jp )は、耐熱合金加工用チップブレーカ「HMM形」の販売を開始した。

 高温特性に優れる耐熱合金の加工において、切込み境界部に異常損傷が生じやすく、切削抵抗の動的成分が大きいなどの理由により工具寿命の低下が大きな問題となっていた。

 耐熱合金および難削材の旋削加工用チップブレーカの同品は、大きなすくい角やシャープな切れ刃を有しているすくい面上に特徴的なドットを配置し、切りくずとの擦過面積の低減を実現している。

 新材種「AH905」では、硬さと靭性のバランスに優れた微粒超硬合金を採用し高温特性に優れ、高硬度・高密着性・超平滑性を兼ね備えた(Al、Ti)N被膜をコーティングすることで、従来材種に比べ、耐摩耗性を大きく向上している。

 また、耐熱合金の安定加工、寿命延長、もしくはさらなる高能率加工が期待できる。航空機関係で需要が拡大している耐熱合金および難削材の加工に適した新ブレーカ、新材種になっている。