アマダマシンツール、新会社発足発表会を開催

 アマダグループで切削・工作機械の販売を担当するアマダマシンツール( http://www.amada.co.jp )は11月20日に同社の工作機械部門と取引をする主要代理店25社をアマ
ダソリューションセンターに招待し、新会社発足発表会と懇親会を開催した。

 この発表会は10月に開催された欧州EMOショーでの新会社発表会に続く第2弾で、国内工作機械事業のさらなる販売強化を目指すのが目的。北米でも来年切削・工作機械会社の統合を継起に本格的な事業拡大を図る予定で。

 今回招待した主要代理店25社には、顧客への提案の場である伊勢原の総合金属加工ソリューションセンターや常設する教育施設等アマダグループが持つ総合力を直接体感してもらうとともに、来年4月に予定される代理店会の組織化に先立って、市場創造や今後の加工技術などへの意見交換を行うことで、国内機械商社トップとの相互関係を深め工作機械事業の代理店販売シフトにはずみをつけていく。

 同社の従来の工作機械販売は代理店経由の間接販売が約6割。多くの場合、顧客との仕様打ち合わせや技術面のサポートなどで、同社営業担当が長い時間を費やさざるを得ず、効率面で不十分であったという。販売の量的拡大を目指すには個別対応に頼っていた代理店を組織化し、技術的教育や代理店向けの商品ラインナップの拡充などを展開していく必要があると判断した。