オークマ、機能絞り込んだ新興国用立形マシニングセンタ開発

オークマ「GENOS M460-VE」 オークマ( http://www.okuma.co.jp )は、基本性能を絞り込み価格競争を勝ち抜ける製品として立形マシニングセンタ「GENOS M460-VE」を開発した。

 同品は、テーブルサイズは1,000×460、No.40主軸に仕様を限定して、従来の立形マシニングセンタMB-Vの基本設計を継承、サーモフレンドリーコンセプト適用で抜群の高精度加工、門形構成・ダイヤゴナルリブ構造鋳物の高剛性、シンプルで使いやすい操作性はすでに高い評価を得ている。

 BRIC’sを主とする新興発展国の工業化は、製品市場の拡大とともに新たな設備需要を生み出している。これらのニーズはシンプルでリーズナブルな加工機にあるという。同社では加工精度、剛性、使いやすさは従来機そのままに、基本仕様を絞り込むことによって、新興国の価格競争で勝ち抜いてゆける製品シリーズとして、新しく「GENOS」(ジェノス)シリーズを展開していく。

 今回、GENOSシリーズの第一弾として同品を開発した。