森精機、航空機など大物部品や難削材の加工に対応するマシニングセンタ

森精機製作所「NH10000 DCG」 森精機製作所( http://www.moriseiki.com )は、建設機械や航空機、印刷機などの分野で必要とされる大物部品や難削材を使用する部品において求められている加工に対応する、高効率・高精度横形マシニングセンタ「NH10000 DCG」の受注を開始した。

 
 同品は、最大ワークサイズφ2,000mm×1,600mm、最大積載質量3,000 kg (オプションにより5,000kg)まで対応可能。高速・高精度加工を可能にするNHシリーズのコンセプトを受け継ぎ、サドルを両端で支持するBox in Box 構造を採用し、大型構造物でも移動体の重心をバランス良く案内・駆動する。位置決め時の残留振動を軽減し、加工面品位の向上を図ることで、NH10000DCG では真円度2.12μm(スケール有りの場合)を実現している。またX、Z 軸の直動軸駆動には、2本のボールねじで移動体の重心を駆動するDCGを採用しており、高速・高精度加工を阻む要因である振動を抑制し、加工精度の向上、加工時間の短縮、工具寿命の延長を実現する。この結果、早送り速度50 m/min(従来機比2.5 倍)を可能にし
た。

 作業性に関しては、機外と機内の段差をなくし、大型機では必ず必要となる機内での芯出し作業や確認作業が容易にできるよう配慮している。また、段取りステーションのドア開口部を広く取り、十分な作業エリアを確保することで優れた作業性と接近性を実現した。

 ロングツール仕様や段取ステーション自動割出仕様など大型ワークに最適なオプションも用意しており、顧客のニーズに合わせて選択できる。