三菱重など、アルミ材の切削からMRJの製造開始

MRJ 三菱重工業( http://www.mhi.co.jp )と三菱航空機( http://www.mrj-japan.com )は30日、次世代の地域間輸送用旅客機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の製造を開始した。

 同機の開発を進めている三菱航空機からの発注を受けて三菱重工が着手したもので、最初に取り組んだのは、水平尾翼の骨格を構成するアルミ材の切削。これにより、国産初のジェット旅客機開発プロジェクトは、2012年の初飛行を目指して本格的な製造段階に移行した。

 今回の部品製作開始は、三菱航空機がこれまで取り組んできたMRJの開発段階が詳細設計から製造に移行したことを示している。これにより、各部位を担当するパートナー企業も今後順次製造を開始することとなるが、三菱重工がその先陣を切ったかたちとなった。なお、三菱重工は、MRJの胴体、主翼、尾翼などの主要システムを製造するほか、機体の最終組立と艤装作業を担当する。

 三菱航空機は、MRJの設計、型式証明取得、資材調達、販売、カスタマーサポートなどを担当する事業会社として2008年4月1日に事業を開始した。現在の資本金は1,000億円で、三菱重工、トヨタ自動車、三菱商事、住友商事、三井物産ほか数社が出資している。