NSK、低発塵、低トルクのクリーン環境用玉軸受を開発

NSK「「クリーン環境用低発塵・低トルク玉軸受」」 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、高機能フィルムの搬送装置向けに低発塵、低トルクを実現した「クリーン環境用低発塵・低トルク玉軸受」を開発した。 高機能フィルムメーカー向けなど、低発塵性能が要求されるクリーン環境用途向けに拡販し、2012年度に2億円の売り上げを目指す。

 同品では、クリーンルームなどで使用できる発塵の少ないグリースを用いた薄膜潤滑技術を新たに開発、発塵量を従来品比1/100にまで低減している。また、グリースの薄膜潤滑により撹拌抵抗を低減するとともに、新開発の特殊低摩擦樹脂保持器を採用、従来品と比べて摩擦損失を約6割に低減した。

 同品を使用することにより、フィルム表面への異物の付着を防ぎ高機能フィルムの歩留まりの向上、高機能フィルムの生産性の向上などの効果が見込まれる。