ダイセル・エボニック、PEEK樹脂を高輝度LED向けに供給

led提供:オプトデバイス研究所 ダイセル・エボニック( http://www.daicel-evonik.com )では先ごろ、同社PEEK 樹脂「ベスタキープ良流動グレード」を用いてオプトデバイス研究所が高輝度反射型LED「OP シリーズ」を開発したと発表した。

 LED 応用製品の開発設計を行うオプトデバイス研究所では、同PEEK樹脂の高い流動性を利用することで低背ハウジングの極薄肉部分への充填が可能となり、その綺麗な金型転写により従来の砲弾型LED の反射率(30~40%)に対して90%以上という高い軸放射強度(反射率)を達成した。

 同PEEK樹脂はまた、鉛フリーハンダ工程で必要な250℃を超える過酷な温度環境下でもタフな特性を保持できるため、リフロー炉通過後も大きな変形などを起こさず、安定した光として外部へ照射することも可能という。

 このデバイスは特殊照明用光源(装飾照明・演出照明)や赤外線暗視照明用光源や距離センサー用光源、ディスプレー、各種データ伝送、可視光通信用受光素子、医療用光源などに採用、検討されている。