日本リライアンス、オール・イン・ワンタイプのインバータ装置を販売開始

drive 日本リライアンス( http://www.reliance-electric.co.jp )はコータラインやラミネートライン、各種印刷機、ウェブ搬送ラインといったコンバーティング業界向けの駆動装置に関する制御諸機能を組み込んだオール・イン・ワンタイプのインバータ装置「Drive MuLti」を開発、販売を開始した。

 インバータ装置は、モータの回転速度を自由・連続的に、効率良く変えることができる装置。開発装置では、鉄鋼業界のプロセスラインでも基本性能の高さによりライン全体の安定性を確保できるほか、アウター制御ループ機能ではブライドルの負荷分担制御も標準搭載、駆動に関する制御はすべて本装置内で処理することができる。

 従来、個々の制御系を処理していたコントローラがライン全体の主幹制御と補機操作関係のみとなり、負担を大幅に軽減できる。主な特徴は以下のとおり。

  1. 高い精度の速度制御、トルク制御が可能
  2. 制御ループ内蔵
  3. 誘導モータ、同期モータ用として高パフォーマンス・ベクトル制御ループを内蔵
  4. 機能を絞りこんだHMIをフェースプレートへ搭載し、操作系がシンプル
  5. 小型・省スペース設計
  6. 通信の柔軟性と充実
  7. 既設制御装置の置換えが可能
  8. 欧州特定有害物質使用制限(RoHS)指令対応