三菱電、トルコの通信衛星2機受注

「Turksat 4Aおよび4B」のイメージ 三菱電機( http://www.mitsubishielectric.co.jp )は、トルコの国営衛星通信会社「Turksat Satellite Communication, Cable TV and Operation AS」から通信衛星、「Turksat-4A」および「Turksat-4B」を受注したと発表した。

 今回の受注は、2008年に三菱電機が日本のメーカーとして初めて自社製衛星バスを用いて受注したシンガポール/台湾の通信衛星「ST-2」に続く海外商用衛星で、海外競合メーカーとの競争に勝ち抜いた成果。

 「Turksat-4A」および「Turksat-4B」の提案には、同社の標準衛星バス「DS2000」を用いた。「DS2000」は、 JAXAのデータ中継試験衛星「こだま」や、技術試験衛星VIII型「きく8号」をベースに開発したもの。同社は2000年には「DS2000」により「ひまわり7号」を受注し、2008年にはシンガポール/台湾の通信衛星「ST-2」を受注して、自社製標準衛星バスを用いた海外商用衛星市場参入を果たした。

 現在、「DS2000」を採用した衛星は軌道上の5機と打ち上げ予定の3 機があり、今回の受注により合計10機となった。