三菱マテツールズ、PVDコーティングを施した長寿命の鋼旋削加工用サーメットの新材種

三菱マテリアルツールズ「MP3025」 三菱マテリアルツールズ( http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/ )は、仕上げ面持続性と優れた刃先安定性により、鋼の中から仕上げ旋削加工で長寿命化を実現する鋼旋削加工用サーメットの新材種「MP3025」の販売を開始する。

 自動車産業などの機械部品加工の現場では、生産性向上として、サーメットを使用する鋼の加工で良好な仕上げ面の持続時間が重要となっており、同社ではPVDコーティングを施したサーメットを販売することとした。

 同品は耐欠損性・耐熱衝撃性に優れた表面平滑母材に、耐摩耗性・耐溶着性に優れたTiCN系コーティングを被覆した材種で、美しい仕上げ面を長時間持続できるようにした。また、新開発ブレーカのLPブレーカとFHブレーカ、MVブレーカ、全周ブレーカを標準化し、鋼加工の中から仕上げ領域をカバーする。新開発のLPブレーカは、切削抵抗を低く抑え、切りくずによる仕上げ面の擦過を抑制することが可能で、MP3025との組み合わせにより、さらに良好な仕上げ面を実現する。