タンガロイ、新コーティング材種採用で耐摩耗性を向上した鋼加工用ソリッドドリル

タンガロイ「SolidDrill DSW形」 タンガロイ( http://www.tungaloy.co.jp )は、新コーティング材種採用で耐摩耗性を向上した鋼加工用ソリッドドリル「SolidDrill DSW形」の販売を開始した。

 同品は、鋼や鋳鉄などの多様な被削材に対応できる汎用性に優れる新ソリッドドリルシリーズである。一般穴あけ加工に適しており、特にタップ下穴加工では最適な性能を発揮する。給油方式も内部給油と外部給油を取り揃えており、顧客の使用環境に応じて選択できる。

 特長の一つである独自の切れ刃エッジ形状は、コーティング膜との密着性が高く、刃先のチッピングを抑制する。また、耐摩耗性に優れる新コーティング材種の採用により、工具の摩耗が抑制され、飛躍的に工具寿命が向上する。さらに、低スラスト設計で切りくず処理に優れた新断面形状により、切削抵抗を大幅に低減している。また、新シリーズは世界標準のDIN規格を採用しており、シャンク径はø3-ø16 mmの工具径範囲をわずか6種類でカバーし、コレットの保有類を低減できる特長がある。