三菱マテツールズ、鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種

三菱マテリアルツールズ「MC6025」 三菱マテリアルツールズは、鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6025」のインサートの販売を開始した。
 
 同品は、耐摩耗性と耐欠損性を両立させる新開発のCVDコーティングと耐欠損性を大きく向上させた新開発超硬合金母材を採用しており、汎用グレードとして幅広い領域で安定した切削加工を可能にする。

 超硬合金の母材表面の最適化された強靭層が亀裂の進展を防ぐことで、耐欠損性に優れ、安定した切削加工が可能となった。また、高い耐摩耗性を発揮する微細「TiCN層」と、優れた耐熱性を持つフラット「Al2O3層」の組合せにより耐摩耗性を向上させ、さらに極めて平滑な表面の「ブラック・スーパーイーブンコーティング」を適用することで溶着チッピング等の異常損傷を抑制し、長時間の安定した切削加工が可能。

 鋼加工の軽切削領域に最適化されたLPブレーカと中切削領域に最適化されたMPブレーカに加え、中切削領域から荒切削領域まで幅広い切りくず処理を実現するRPブレーカとの組み合わせで商品化した。