SIIナノテク、試料観察オプションに対応した示差熱熱重量同時測定装置

エスアイアイ・ナノテクノロジー「TG/DTA7220」 エスアイアイ・ナノテクノロジー( http://www.siint.com )は、測定中の試料の状態変化をCCDカメラで同時観察する「試料観察オプション」に対応した示差熱熱重量同時測定装置「TG/DTA7220」の販売を開始した。

 熱分析装置は、物質の熱に対する基本的な性質(熱物性)を簡便に測定できるツールとして、幅広い分野で材料の研究開発や品質管理などに使用されている。その一種である、示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)は、温度に対する試料の重量変化を測定する熱重量測定(TG:Thermo Gravimetry)と、試料の温度変化を測定する示差熱分析(DTA:Differential Thermal Analyzer)の同時測定を行なう装置で、試料の酸化、熱分解、脱水などにおける重量変化や、耐熱性の評価、反応速度解析などに利用される。

 同品は、「試料観察オプション」に対応した示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)。TG/DTA測定を行いながら、CCDカメラにより測定中の試料の状態変化が同時に観察できる。これにより通常の熱分析測定手法では判らない試料の加熱時の形態変化を、測定結果と併せて観察・評価することができる。たとえばTGは熱分解を重量減少として観測するが、その際のガス発生の開始や進行の様子、色の変化をリアルタイムに視覚化することが可能となる。