丸紅情報システムズ、ハイエンド非接触光学式3次元測定機の販売を開始

 丸紅情報システムズは、形状測定機メーカーの独ジーオーエム社(GOM mbH)製ハイエンド非接触光学式3次元測定機「エイトス(ATOS)」シリーズの新モデル「エイトス トリプル スキャン 12M(ATOS Triple Scan 12M)」の販売を開始する。

 同社が2011年2月より販売する「エイトス トリプル スキャン」シリーズは、1回の撮影で3回の測定処理を行う「トリプルスキャン方式」と青色LEDによる「ブルーライトテクノロジ」を採用した非接触光学式3次元測定機。今回販売開始する「エイトス トリプル スキャン 12M」は「エイトス トリプル スキャン」の基本機能がそのままで、CCDカメラの解像度を800万画素から1200万画素に引き上げることで、より高いデータ再現性(従来比最大50%向上)を実現し、さらに画像品質の向上によって測定に要する時間を短縮する。特に、発電設備に使用されるタービンブレードなどのエッジ部や、複雑な形状の小物プラスチック部品などを測定することに適している。