新日鉄住金、世界最小の超微細結晶粒を有するステンレス鋼板

 新日鐵住金は、量産化できるSUS304(18Cr-8Niステンレス鋼)としては世界最小の超微細結晶粒を有する「SUS304 H-SR3」を開発、販売を開始した。

 同品は、エッチング加工やレーザー加工などの精密加工分野で使用される板厚0.1mm前後の極薄ばね用ステンレス鋼板。結晶粒微細化により精密加工性を向上させ、電子機器の小型化や高密度実装化に対応した。

 精密加工用途に使用される鋼板には、板厚精度、反りや波打ちのない平坦形状、および加工後に反りやねじれなどの変形を生じないことが求められる。同社では平坦度矯正と残留応力低減によって精密加工用途に最適化したステンレス鋼板を提供しており、エッチング用途やメタルマスクなどに使用されている。近年はスマートフォンやタブレット端末など携帯型電子デバイスの小型化、高密度実装化により加工精度に対する要求はますます高まっているという。

 同社では溶解から熱間圧延、冷間圧延まで社内で一貫製造できる強みを活かして、合金成分設計とプロセス改良を組み合わせた高機能材料の開発を進めている。今回の開発品は、独自の成分設計と冷間圧延と熱処理の制御によって平均結晶粒径2μm以下までの微細化を達成し、世界で初めて量産化に成功したという。

開発材の結晶粒(左)と従来材(一般的なSUS304)の結晶粒(右)開発材の結晶粒(左)と従来材(一般的なSUS304)の結晶粒(右)