日本金型工業会東部支部 天青会、設立40周年記念式典を開催

 日本金型工業会東部支部の若手経営者や後継者の組織である天青会( http://www.jdmia.or.jp/east/tenseikai/ )は3月7日、東京・上野公園の上野精養軒で「設立40周年記念式典」を開催した。

挨拶する小原会長挨拶する小原会長 冒頭、挨拶に立った小原基雄会長(小原彫刻工業 代表取締役社長)は、「天青会に入会して20年になる。この仕事を長くやっているとマンネリ化してしまい、これでいいのかと迷う気持ちになることもあったが、当会を通して他社の工場見学や展示会の出展を見て、みんな頑張っていると思い自分の励みになり、仕事をポジティブに考えられるようになった。天青会はあと2年で定年になるが、40周年という節目の年に会長を仰せつかっていることを嬉しく思う。今後も当会に限らず工業会の部会活動などに尽力したいと思っている。また当会においては、若い人達や本日ご出席の皆様にご協力を頂いてますます発展していくことを期待している」と述べた。

挨拶する加藤支部長挨拶する加藤支部長 続いて来賓を代表して同支部の加藤忠郎支部長(日進精機 取締役相談役)が「先程、小原会長が20年前に天青会に入会したと仰っていたが、今から20年前の当工業会は、日本金属プレス工業会など他の団体に比べて年配の方が多く、柔軟性に欠けていると感じていた。ところが、天青会の会員も増えて非常に若い方の活動も活発になった。金型産業ビジョンにおいても牧野俊清会長が各支部の若手経営者組織に策定を依頼していると聞いており、若い方々に期待していると感じている。今後も日本金型工業会の発展のために天青会の皆様のご協力をお願いしたい」と挨拶を述べた。

 引き続き、歴代会長表彰が行われ、表彰者を代表して第32代会長の池上正信氏(池上金型工業 代表取締役社長)が「今の自分や本日ご出席の会員が天青会を通して皆様に育てて頂いたということに対してお礼を、40周年の節目を迎えたことに対してお祝いを申し上げたい」と挨拶した。