景気はどうですか?

 輸出産業を中心に、過去最高益なんて景気の良い話を見聞きすることが多くなってきました。以前は「景気はどうですか」と聞くと、「悪いに決まってるでしょ!」という返答か、無言で首を振る方が多かったのですが、最近はリーマンショック前の水準まで戻しという声も聞かれます。

 大企業に比べて景気回復の波が遅れてやってくる中小企業の多い製造業ですから、読者の大半の方がまだまだ今後の成長に期待といったところでしょうか。

 ただ、過去最高益企業の加工を引き受けている企業の単価が上がったという話は聞かれません。これから仕事の量が増加するのは良いとして、大企業の方々も、もうちょっと協力企業に対する単価のことを考えて頂けると良いのですが・・・。

 ちなみに我々のような職業は、景気回復の波が世の中小製造業の皆様よりもさらに遅れてやって来ます。出版社が恩恵を被るとすると、これまで1社で1冊購読して頂いていた企業が部署ごとに注文をして頂ける、製品・技術をさらに売り込むために広告の出稿をする、などが考えられます(勝手に)。

 良く考えると、弊社にとっての景気回復はまだまだ遠い道のりのような気もしますが、皆様が儲からないと弊社も儲からないので、まずはWEBや雑誌の記事を通して皆様のアシストに徹したいと思っております。