産総研など、アルミニウム溶湯加熱用の高出力浸漬ヒーターを開発

 産業技術総合研究所は、ヤマトと共同で、アルミニウム溶湯加熱用の高出力浸漬ヒーターを開発した。

 今回開発したヒーターは、アルミニウム溶湯に対して優れた耐食性をもつセラミック製のヒーターチューブ内に熱伝導率の高いセラミックフィラーを高密度に充填し、発熱体からアルミニウム溶湯までの熱伝達を向上させて、従来に比べ5倍のヒーター出力を実現した。この高出力化により、アルミニウム溶湯の加熱に必要なヒーター本数を減らすことができ、金属鋳造産業におけるヒーター設備の削減や省エネルギー化への貢献が期待される。

 今後、浸漬ヒーターのさらなる高出力化による金属溶解炉への適用およびコンパクトかつ省エネルギーな炉の開発を予定している。

今回開発したアルミニウム溶湯加熱用の浸漬ヒーター(左)と溶湯に浸漬中の様子(右)今回開発したアルミニウム溶湯加熱用の浸漬ヒーター(左)と溶湯に浸漬中の様子(右):従来は3本のヒーターが必要であったが、開発したヒーター1本で加熱可能