三菱重工、2020年までに女性管理職者数を現状の3倍に引き上げ

in

 三菱重工業は、2020年までに女性管理職者数(課長相当職以上)を現状の3倍に引き上げる目標を設定した。グローバル展開をさらに加速し、事業規模5兆円の高収益企業へと飛躍するために、多様性を追求するダイバーシティ・マネジメントの一環として推進するもの。

 同社は、女性社員の活躍推進に関して、これまで仕事と育児の両立を支援する育児休業制度や社内保育園などを整備してきた。今後は、女性社員のさらなるキャリアアップ施策として、全社の意識改革や女性のネットワーク構築支援、個別育成計画推進、加えて男女共に多様で柔軟な働き方ができる環境を整えていく。

 女性の活躍推進は、国の成長戦略にも掲げられているが、同社は、ダイバーシティ・マネジメントの推進を通じて、三菱重工グループのグローバル化の促進に取り組んでいく。