島津製作所、マレーシアに販売会社と分析計測機器の製造拠点設立

 島津製作所は、ASEAN・インド地域における事業体制を強化するため、子会社である現地法人SHIMADZU (ASIA PACIFIC) PTE LTD.(本社:シンガポール、以下SAP)が100%出資の販売会社をマレーシアに設立、営業を開始したと発表した。

 また、同じくマレーシアに分析計測機器の新製造拠点を設立し、製造と販売の両面で機能を強化する。新工場は2015年10月着工、2016年7月完成、2016年12月に稼働開始を予定している。

 ASEAN・インド地域は、同社の中期経営計画(2014年度~2016年度)において2016年度に220億円の売上を計画する主要成長市場。現地のニーズに対応したタイムリーな製品供給と充実した販売体制を整え、同地域の成長力を確実に取り込むための事業基盤の構築を進める。

 マレーシアではこれまで、分析計測機器は現地代理店を通じて販売を行っていたが、今回、現地に新会社「Shimadzu Malaysia Sdn. Bhd.」(SML)を設立し、直販・直サービス体制を確立した。

 食品、製薬、石油化学等の市場において高速液体クロマトグラフ等の汎用分析装置の直販を開始して販売を強化するとともに、大型機種や試験機、非破壊検査機器については引き続き現地代理店の専門性を生かした販売を行い、顧客の利便性とブランドイメージのさらなる向上を目指す。

 医用機器は2000年よりSAP社マレーシア支店を開設して直販体制をとっていたが、新販社の医用部門として吸収・統合する。マレーシアにおける島津製作所のX線装置は、その品質と充実したサービスから高い評価を得ており、シェアは25%、特に病院向けの汎用X線装置では50%以上を占めているという。今後はハイエンド装置である血管撮影システムの販売とクリニック市場の開拓を強化する。

 新体制により、マレーシアにおいて2018年には分析計測機器1505万ドル、医用機器520万ドルの合計約2025万ドル(2013年比約2倍)の売上を計画している。