日立製作所、鉄道運行会社から標準型都市間車両173両の優先交渉権を獲得

 日立製作所の英国における鉄道システム事業会社である日立レールヨーロッパ社は、鉄道運行会社のファーストグループ社から、英国運輸省(以下、DfT:Department for Transport)の承認を条件に、ファーストグループ社の子会社であるファースト・グレート・ウェスタン社が運営する英国南西部の路線に向けた、標準型都市間車両「AT-300」173両(29編成)の納入に関する優先交渉権を獲得した。

 同社が優先交渉権を獲得した標準型都市間車両「AT-300」の車両数は、9両編成電車7編成、5両編成電車22編成の合計173両(29編成)。現在、運行開始から40年以上を経過した高速車両が利用されている英国都市部のロンドン・パディントンから英国南西部のプリマスおよびペンザンスを結ぶ主要路線向けに、新たな都市間高速車両として投入される。

 今回、納入を予定している標準型都市間車両「AT-300」は、2012年に受注したDfTの都市間高速鉄道計画(IEP:Intercity Express Programme)向けに設計されたClass 800シリーズをベースにしており、電化区間だけでなく、非電化区間でも走行するために、車両の床下にディーゼルエンジン付き発電機を装備している。今回の車両は、デボン州やコーンウォ-ル州での急勾配に対応すべく、エンジンの出力をIEP向けの車両よりも向上させている。また、ロンドン-ニューベリー間の電化区間に加え、プリマス-ペンザンス間の長い非電化区間をディーゼルエンジン付き発電機からの電力を使用して走行するため、IEP向けの車両よりも大型の燃料タンクを備えている。