シェフラーがハラル、 コーシャー、NSF H1認証を取得したころがり軸受用グリース

シェフラー「FAG Arcanol FOOD2」 ドイツのシェフラーは、ユダヤ教の食品に関する規定であるコーシャー認証、およびイスラム教の食品に関する規定であるハラル認証を取得した食品業界向け潤滑剤「FAG Arcanol FOOD2」の提供を開始した。

 このころがり軸受用グリースは、国際的な第三者認証機関であるNSF(National Sanitation Foundation)のH1グレードに登録されており、性能も従来製品と比べて大幅に向上している。摩擦が低く抑えられ、低温での流動性が向上し、耐摩耗性にも優れていることから、用途範囲が広がり、エネルギーの消費も削減されている。主な用途としては、充填プラント、シール機、食肉・水産加工機械、冷凍プラントなど、食品業界で使われているさまざまなプラントが想定されるという。

 潤滑剤は、低温時でも常に完全に機能することが求められており、特に食品業界では不可欠。同品は、低温環境でも流動性を維持し、マイナス30℃まで対応可能。また、摩擦が抑えられることも大きな利点であり、ころがり軸受の始動時の動作を向上させ、消費電力を削減する。FE8試験と呼ばれるドイツ工業規格のDIN 51819に準拠した耐摩耗試験において、同品を塗布した円すいころ軸受とアンギュラコンタクト玉軸受を用いた比較では、従来製品の潤滑剤を使用した場合よりも大幅に向上していることが示されたという。