日立製作所、三菱重工から2.5MW風力発電システムのライセンスを取得

 日立製作所は、三菱重工業が開発した2.5MW風力発電システム(型式:MWT100A/2.5)について、日立製作所が国内陸上風力発電所向けに、製造、販売および保守などを可能とするライセンス契約を締結した。

 今回のライセンス契約により、日立製作所は、既存の2MWと5MWの風力発電システムに、三菱重工の2.5MW風力発電システムをラインアップに加え、風力発電システム事業のさらなる拡大を目指す。

 政府は2030年までに、日本の長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)における再生可能エネルギーの割合を22~24%にする目標を掲げている。また、国内の風力発電市場は、2012年に固定価格買取制度が導入されて以降、発電導入量が増加しており、2030年には現在の290万kWから1000万kW以上に拡大すると見込まれている。

 日立製作所は、ローターをナセルの風下側に配置する独自のダウンウィンド型風力発電システムでこれまで国内で200基以上を受注している。陸上風力発電所向けには2MWの風力発電システムを、洋上風力発電所向けには5MWの風力発電システムを納入してきた。国内の陸上風力発電市場では、限られた立地の中で、より大きな発電量が得られる大型の風力発電システムへのニーズが高まっている。