NEDOとカネカ、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発、実証試験を開始

 NEDOは、カネカとの共同研究「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発し、実証試験を開始した。

 このシステムは、壁面設置型の大きな課題である光害対策のための防眩機能を有し、また多彩な色をつけることで意匠性を高め、フレームレスで設置することが可能となるもの。今回の実証試験は、横浜市戸塚区の大成建設 技術センター内で実施する。発電特性等を確認し、ZEBを実現する壁面設置型の太陽光発電システムの実用化を目指す。

※ ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)・・・Net Zero Energy Buildingの略で、建築構造や設備の省エネルギー、再生可能エネルギー・未利用エネルギーの活用、地域内でのエネルギーの面的(相互)利用などの対策をうまく組み合わせることにより、エネルギーを自給自足し、化石燃料などから得られるエネルギー消費量がゼロ、あるいは、概ねゼロ、となる建築物のこと。