三菱日立パワーシステムズ、韓国電力とガスタービンの新たな燃焼・計測技術に関する共同研究契約を締結

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、韓国電力とガスタービンの新たな燃焼・計測技術に関する共同研究契約を締結した。今後予想される低熱量ガスの導入に備えるのが狙いで、低熱量燃料を効率的に使用できる新たな技術の開発を目指す。

 MHPSと韓国電力は2014年11月に、年度ごとの技術交流会の実施や将来の共同研究の検討などを取り決めた覚書(MOU)を締結し、これまで韓国科学技術院(KAIST)を加えた3者で技術交流会を開催するとともに、具体的な共同研究を検討してきた。今回の共同研究契約はこの覚書に基づいて結ばれたもので、MHPSの優れた設計技術と韓国電力の高い運用技術を融合させて、新たな燃焼・計測技術の実現を目指す。

 具体的には、韓国電力 電力研究院(KEPRI)が院内に構築したガスタービン燃焼試験設備を活用し、MHPS製燃焼器を用いて両社が共同で実証研究を行う。実施期間は3年間。

 韓国電力は韓国の公営電力会社で、傘下に6社の発電子会社を擁している。同社は、国内で運用されているガスタービンの燃焼技術を研究・開発するため、2015年8月に実証規模のガスタービン燃焼試験設備を電力研究院内に設立し、燃焼調整技術や燃焼調整シミュレーターの開発を進めている。今回の共同研究ではこの設備を活用する計画。