engage

住友電工グループ、台湾に切削・研削工具の販売会社を設立

 住友電工ハードメタルと子会社の住友電工ツールネット、アライドマテリアルは共同で、台湾に販売会社を設立し、2016年4月より営業を開始した。自動車、機械関連業界およびエレクトロニクス・精密微細加工業界向けの切削・研削工具の販売を行う。

 住友電工グループの切削・研削工具は、一般的な切削加工に幅広く使用される超硬工具やCBNおよびダイヤモンドを利用した超精密バイトに代表される仕上げから超精密加工に使用される工具、ダイヤモンド砥石などの高度な粉末冶金技術、加工技術、表面処理技術が施された製品であり、自動車をはじめ、鉄鋼、産業機械、航空機、半導体・精密部品などの多くの産業で使用され、台湾でも一定のシェアを有しているという。

 台湾は機械加工の裾野が広く、また産業において大きな割合を占めるエレクトロニクス分野の加工において切削・研削工具のニーズが高まっている。こうした状況に対応するため、同グループでは販売会社を設立した。ダイヤモンドをはじめとする同社独自の材料を生かした工具製品を販売し、アフターサービスを実施する。新会社は、グループ各社の情報を共有・一元化し、自動車、機械関連業界への販売体制を強化するとともに、今後エレクトロニクス・精密微細加工業界への拡販を図る。加えて、住友電工ツールネットが取り扱う工具周辺製品、環境装置、消費材も合わせて提案を行っていく。