待ったなし、ガソリンエンジンの省燃費技術


 日米欧では今後、自動車の燃費規制が強化される。日本では2015年までに乗用車で2004年度実績に比べ23.5%の燃費改善(ガソリン1リットルあたり16.8km)が義務づけられるほか、CO2排出量を欧州では2012年に現行の20%減が、米国では2020年までに平均40%の改善が要求されている。

 欧米メーカーは燃料電池車や水素自動車など次世代環境対応車の開発を急いでいるが、これらの本格普及は2020年以降と見られ、既存のガソリン車の燃費改善で対応するしかない。しかし、研究開発費をかけて一から取りかかる時間はなし、日本とのOEM提携で環境規制に対応しようという動きがある。

 つまり、国内でも海外でも日本の自動車メーカーによるガソリンエンジン車のさらなる省燃費技術が期待されている。本特集では、そうした省燃費対応のガソリンエンジン技術の一端を4回に分けて紹介していく。