山形大学発のプリンテッドエレクトロニクス技術を事業展開するベンチャー企業設立

 山形大学有機エレクトロニクス研究センター(ROEL)の時任静士教授と熊木大介准教授らは、科学技術振興機構の研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム(START)の支援により得られたプリンテッドエレクトロニクスに関する研究開発成果をもとに、微細な印刷半導体回路を実現する銀ナノ粒子インクの開発・販売や、その応用製品であるフィルム型のセンサデバイスを試作・開発する「株式会社フューチャーインク」を設立した。

 同社では、高性能な印刷半導体回路を形成する技術をコアテクノロジーとして、ヘルスケアセンサを始めとした高付加価値なプリンテッドデバイスをより低コストで提供することで、だれもが快適で暮らしやすい社会の実現を目指すという。