住友重機械工業、一般産業用汎用ギヤボックスの新シリーズを開発

住友重機械工業「パラマックス減速機10シリーズ」 住友重機械工業は、一般産業用汎用ギヤボックスの「パラマックス減速機」の新シリーズを開発、7月1日より中国、東南アジア、オセアニアへ販売を開始した。

 今回発売するパラマックス減速機10シリーズは、一般産業用汎用ギヤボックスとして、半世紀以上の実績を誇るパラマックス減速機の最新モデルで、2011年に同社子会社となった欧州HANSEN Industrial Transmissions NV社の歯車技術と住友重機械工業のものづくり力を融合させ、多様化したグローバル市場での要望に応える仕様となっている。

 同シリーズの特長は以下のとおり。

  1. さらなる高強度、高信頼性
    実績豊富なインボリュート歯車の採用および高転位歯車設計との組み合わせにより、高い負荷容量を実現し、従来製品に比べて、さらにコンパクトになった。
  2. 堅牢かつ自由度の高い構造
    各産業分野のユーザーの視点に立ち、あらゆる取付け方向に対応するユニバーサルハウジングとメンテナンスの容易さを追求した分割ハウジングを採用し、軽量かつ剛性の高い構造となっている。
  3. 豊富なオプション
    キーコンポーネントやオプション部品は、各サイズともに豊富なバリエーションで準備しており、各用途に応じた減速機の短納期対応が可能。
  4. 高い冷却性能
    冷却ファンフードの構造を最適化し、より効率的な減速機の冷却を実現している。