黒田精工、新循環方式のボールねじを開発

 黒田精工は、新循環方式ボールねじ「AGシリーズ」を開発、販売を開始した。高負荷、高速、コンパクト化のニーズに対応する。

 開発品は、ユーザーニーズに基づいたナット胴部径とねじ軸径に最適なボール径と循環数を採用し定格荷重に配慮。高負荷容量で長寿命を実現する。

 また、新循環方式の採用で高速化を実現。近年の自動化ニーズ、高タクト化ニーズに合わせ、最高回転速度、DN値を大幅に向上した。高性能化するモータの性能に追従する。

 さらに、ナット外径とフランジ部をコンパクト化し、同社従来品比約30%の小型化、最大約50%の軽量化を実現した。装置の小型化や装置内の空間の拡大に貢献する。
黒田精工ボールねじ軽い黒田精工ボールねじ軽い