東燃ゼネラル、JXとの経営統合前に潤滑油事業で新会社設立

 東燃ゼネラルは、子会社のEMGマーケティングを通じて、潤滑油事業会社「EMGルブリカンツ」を設立した。

 東燃ゼネラルは、JXグループとの間で2017年4月1日の経営統合に向けた準備を進めており、統合後も当面の間は両社が使用する潤滑油ブランドを継続使用する予定。今回の新会社設立は、経営統合を円滑に行うために知的財産などの管理の観点から、東燃ゼネラルが有する潤滑油事業に関しては独立した事業会社を設立することが望ましいとの判断に至ったもの。

 東燃ゼネラルは、エクソンモービルとの間で2017年4月1日以降の国内における潤滑油ビジネスのあり方について協議中だが、今後も日本においてモービルブランド製品を取り扱いを継続する予定。新会社は2017年4月1日の営業開始予定。