NTN、モータ・ジェネレータ機能付ハブベアリングを開発

 NTNは、タイヤの回転を支えるハブベアリングに業界初となるモータ・ジェネレータを組み合わせた「eHUB」を開発した。48Vマイルドハイブリッドシステムとの組合わせで、従来のエンジンのみの自動車と比較して最大25%の燃費改善を実現する。
kat17102501ntnkat17102501ntn

 近年、自動車の燃費向上やCO2排出規制の強化が進む中で、欧州を中心に、発進時や加速時にエンジンの駆動力を補助して燃費を改善する「48Vマイルドハイブリッドシステム」(48V MHEV)の普及が拡大している。48V MHEVは、エンジンを主要動力源として使用し、発進時や加速時などエンジン駆動時に小型のモータで駆動アシストするシステム。また、減速時に発生するエネルギーを電力に変換(回生)することで、より燃費効率を向上させることも可能にしている。

 開発品の「eHUB」は、前輪駆動車の場合は後輪(非駆動輪)に搭載し、モータで駆動アシストしてエンジン負荷を軽減し、減速時には発電機としてエネルギーを電力に回生する。本開発品を、スタータジェネレータなどすでに実用化された48V MHEVと組み合わせることで、従来のエンジンのみの自動車と比較して最大25%の燃費向上を実現する。また、EVクリープ走行や、すべりやすい路面(低μ路)での車両姿勢の安定制御に活用することも可能。

 世界トップシェアのハブベアリングの商品開発で築いた技術力に加え、インホイールモータや電動モータ・アクチュエータのシリーズ化で培ったモータ制御技術やモジュール化技術を活用し、現行の足回り設計を大きく変更することなく、ハブベアリングとモータの一体化を可能とした。左右のモータを独立制御するコントローラも開発し、システム商品としても提案していく。

 開発品の目標値としては、①eHUB単体で10%、48V MHEVシステムと組み合わせた場合で車両燃費を25%改善、②現行品と同等サイズのコンパクト化、③モータ最大出力20kW/2輪を掲げている。