ジェイテクト、企業広告を新規制作し、新キャンペーンを開始

 ジェイテクトは2月28日から、新規に企業広告を制作し、新たなキャンペーンを開始する。2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に出演するなど注目の若手女優、髙橋ひかるさんを起用しての新聞広告を皮切りに、TVCMも放映する予定だ。
180228ジェイテクト180228ジェイテクト

 ジェイテクトは、2006年に光洋精工と豊田工機が合併し、両社合わせて150年の歴史を受け継いで誕生、これまでに数多くのNo.1&Only One商品を生み出し、世界中のユーザーに貢献してきた。今回、この「歴史ある若い会社」であり「世界に誇るNo.1&Only One製品を持つ」ジェイテクトの業容理解を目的として、新規に企業広告を制作しキャンペーンを開始するもの。

 学生を中心とした一般の方にも親しみと共感を持たれながら、ジェイテクトの業容を理解してもらうことを目指して、広告の企画を構成。 また、TVCMや新聞広告だけでは伝えきることのできない、具体的な製品の優位性や事業の広さなどを、わかりやすく構成されたウェブサイト( http://jtekt-sp.com/ )で詳しく紹介する。

 ジェイテクトの社名を知っているという社名認知だけでなく、同社がどのような会社かという理解を深めてもらうことを目指して、企画を推進する。

 具体的な広告の内容としては、就職活動中の兄を持つ妹が「ジェイテクト」という名前を初めて聞き、疑問をいだきながら、ジェイテクトのことを知り、理解をしていくことを表現。 キャッチコピーは「兄よ、ジェイテクトって大丈夫?」として妹がジェイテクトに疑問を抱くことに対し「大丈夫。ジェイテクトは、世界シェアNo.1の会社です。」と応え、ステアリンググローバルシェアNo.1であることなど、様々な内容でNo.1&Only One や歴史ある若い会社であることを訴求する。