内閣府 やわらか3Dものづくりアイデアソン、優秀賞表彰式が開催

 内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)革新的設計生産技術」やわらか3Dものづくりアイデアソン(特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まり、対話を通じて新たなアイデアの創出やビジネスモデルなどの構築を図る形式のワークショップ)西日本大会および東日本大会の各優秀賞の表彰式が1月30日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された「nano tech 2019 第18回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」内で執り行われた。

kat19022601: 佐々木直哉PDと受賞者一同kat19022601: 佐々木直哉PDと受賞者一同

 SIP革新的設計生産技術(平成26〜30年度)は、Society5.0(超スマート社会)を実現するものづくりとして、社会に新たな価値を創出する「デライトなものづくり」を旗印に、従来にない新機能・高性能を実現するイノベーションに取り組んでいる。3Dやわらかアイデアソンは、新たに開発、実用化されたやわらか素材(ゲル、ラバー)の3Dプリンティング技術活用を目指し、2018年度に西日本大会が昨年11月23日に立命館大学 大阪いばらきキャンパスで、東日本大会が昨年12月9日に山形大学 米沢キャンパスで開催された。

 3Dやわらかアイデアソンはそれぞれ、ゲル、ラバーの3Dプリンティング技術を使った「デライトなコトづくり」をターゲットに、西日本大会では「40代以上のおじさまに楽しい生活を」をテーマに、東日本大会では「雪:冬を楽しむ新たな方法」をテーマに、参加者が、3D造形を用いた、ラバー単体、ゲル単体、ラバー/ゲルの融合・組み合わせ、のいずれかによって自由にアイデアを出し合い、チームとしてのビジネスモデルを提案した。

本年1月30日に東京ビッグサイト「nano tech 2019 第18回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」メインシアターで開催された「内閣府SIP革新的設計生産技術やわらか3Dアイデアソン表彰式」では、各大会で選出された優秀賞の表彰式が行われた。

 総評を述べたSIP革新的設計生産技術担当 プログラムディレクター(PD)の佐々木直哉氏は、「多くのユニークなアイデアが出たが独自性、有用性、実現性の三つの視点で評価して各大会の受賞作を決めた。これまでにない、やわらかい材料の3D造形ができ上ったことで新しいアイデアの視点を生み出せることを経験することができた。当日は高校生から一般の方まで幅広い世代に集まっていただいた。ものづくりへの関心が高まり、SIPの成果が普及展開されていくことを期待する」と語った。

西日本大会 優秀賞:岩本雅弘 氏、長島可奈 氏、玉田レオン 氏
・タイトル:「マッサージスーツ、ゲルつまみ」
・概要:形状記憶マッサージスーツでツボ押し、カロリーオフのゲルつまみ、形状記憶の形態ゲルコップ
・寸評:ゲルの形状記憶機能を活かして「あったらいいな」と思わせるアイデアであり、特に有用性、実現性が高い

kat19022602: 西日本大会 優秀賞受賞式のようすkat19022602: 西日本大会 優秀賞受賞式のようす

東日本大会 優秀賞:齋藤 薫 氏、長岡雄一郎 氏、豊田 覚 氏、五十嵐稀羅 氏
・タイトル:「毎日を簡単に楽しむday light(ディライト システム)」
・概要:圧電加熱融雪シート、窓ゲル、屋根ラバーで融雪、自分の手形のスコップグリップ
・寸評:奇抜かつ他要素技術も併用したアイデアであり、独自性、有用性、実現性とも高い

kat19022603: 東日本大会 優秀賞受賞式のようすkat19022603: 東日本大会 優秀賞受賞式のようす