NTN、パーツフィーダ用小型周波数可変コントローラ

 NTN(TEL.03-5487-2867、 http://www.ntn.co.jp )は、小・中型パーツフィーダの制御用として「小型周波数可変コントローラ」を開発した。

 従来の同社周波数可変コントローラは、1機種でほぼすべてのパーツフィーダ本体に対応していたため、コントローラのサイズが大きく、広い設置スペースが必要だった。一方近年、ユーザーの使い勝手をより向上させるには、コントローラの小型化のほか多機能を付加する必要性が高まってきていた。

 本製品では、幅60mm×高さ140mm×奥行き141mm、重量約1kgと、従来品の半分の容積?重量を実現したほか、3種類の速度をメモリー登録することで3段階の速度切り替えが可能。また、アナログ電圧による制御機能の追加により精密な制御が可能。さらに、2列で部品を整列?供給する場合、各列の供給量のバランスを保つため、エアブローで余剰品をパーツフィーダー(ボウル内)に戻す機能を持つ。そのほか、ワーク不足検出機能、寸動運転機能(段取り時等、手動操作でワーク供給可能) などを備える。