トヨタ、自動車内装部品にエコプラスチック採用を拡大

 トヨタ自動車(http://www.toyota.co.jp/)は、スカッフプレートやルーフヘッドライニング、シートクッションなどの自動車内装部品の材料として、新たに、異なる植物由来の原料を用いたエコプラスチックを開発した。2009年発売の新型ハイブリッド車への採用を皮切りに、今後、採用車種を拡大するとともに採用部位も拡大し、2009年中には内装部品の面積全体で60%に拡大する見込み。

? エコプラスチックは、すべて植物由来の原料からなるものと、植物由来の原料と石油由来の原料を混ぜたものに大別されるが、原料に植物を使用しているため、従来の石油系プラスチックに比べ製造から廃棄までのライフサイクルでCO2排出量を抑制するとともに、石油資源の使用量を削減する。

? 今回開発したエコプラスチックは、植物由来の原料と石油由来の原料といった異なる原料を分子レベルで結合させる技術や均一に混合させる技術など、様々な複合化技術を駆使することで、他のプラスチック製品に比べ高い耐熱性や耐衝撃性を要求される自動車用内装部品でも、その性能を確保した。さらに部品製造でも、従来の石油系プラスチックを用いた場合と同等の品質と量産性を確保、市販車への採用を可能にした。

? トヨタでは、人や地球と共生するクルマ社会「サステイナブル・モビリティ」実現に向け、2003年5月発売のラウムでスペアタイヤカバーとフロアマットに、自動車部品としては世界で初めてポリ乳酸などを使用した植物由来原料100%のエコプラスチックを採用しているが、今後もさらなる適用部位拡大に繋がる技術開発・実用化を積極的に推進していく構え。