マツダ、「エコプロダクツ2008」で新アイドリングストップシステムを出展

 マツダ(http://www.mazda.co.jp/philosophy/tech/env/)は、12月11日?13日に「東京ビッグサイト」で開催される環境展示会「エコプロダクツ2008(産業環境管理協会、日本経済新聞社主催)」に、「CO2排出量の更なる削減を目指して」をテーマとして、独自の水素ロータリーエンジン(水素RE)をはじめとする環境技術の展示を行う。中でも、素早くエンジンを再始動させることにより、ドライバーに違和感を与えることなく燃費を向上できる優れた環境技術として独自開発のアイドリングストップシステム「i-stop(アイ・ストップ)」をアピールした。

? 「i-stop」は、約10%の燃費向上(国内10・15モード)に加え、エンジン停止・再始動時にドライバーに違和感を与えない自然なドライビングフィールを提供する、独自のインテリジェント・アイドリングストップシステム。常に0.35秒(AT車)という早い再始動を実現するため、エンジン停止時のピストン位置制御と、直噴エンジン技術を活用した「燃焼始動方式」を採用した。マツダはi-stopをこれまで開発してきたスマートアイドルストップシステムの商品名として、2009年に市場導入を予定している。

? マツダは、2015年までにグローバルで販売する全車の平均燃費を30%向上させることを目標に、技術開発を進めている。