ミネベア、FDKのステッピングモーター事業を移管

 ミネベア( http://www.minebea.co.jp )は1月7日付けで、FDKのステッピングモーター事業を自社に移管した。譲渡対象となる会社の商号はFDKメカトロニクスが「NMBメカトロニクス」に、FDK (Thailand)が「NMB Mechatronics (Thailand)」に変更となった。譲渡価額は32億円。

 ミネベアでは、ボールベアリング事業に続くコア事業であるモータ事業を中期事業計画の成長軌道へ乗せ加速すべく、世界最小径ステッピングモータの開発など生産技術力が発揮できる小型モータ分野強化への取組みを進めていた。また、FDKではステッピングモータ事業を独立事業としてよりスピーディーに運営すべく、子会社であるFDKメカトロニクスへの販売機能の移管など施策を進めると同時に、競争力強化と事業価値向上を目的に他社とのアライアンスの検討を進めていた。

 こうした中昨年10月、両社は各モータ事業領域に重複が少なく、技術面でも補完性が高いことからシナジー効果が最大化できるとの認識で一致、FDKのステッピングモータ事業をミネベアに譲渡することで基本合意していた。