マツダ、ノルウェー仕様の「マツダRX-8ハイドロジェンRE」をオスロで公開

 マツダ( http://www.mazda.co.jp )は、オスロで行われたHyNorの水素ステーション開所を祝う記念式典で、ノルウェー仕様の水素自動車「マツダRX-8ハイドロジェンRE」を公開した。HyNorは、オスロ?スタバンゲル間を結ぶハイウェイの各拠点に水素ステーションを設置し、全長580kmを水素自動車で走行可能にすることを目指すノルウェーの国家プロジェクトで、今回の水素ステーションのオープンにより、HyNorはノルウェーでの水素インフラ構築に向け一歩を踏み出した。

 式典にはホーコン ノルウェー王国皇太子とリーヴ・シグネ・ナーヴァルセーテ運輸・通信大臣も出席、皇太子が水素を給燃したあと、運輸・通信大臣がオスロからドランメンの水素ステーションまでクリーンな水素ロータリーエンジン車でのドライブを行った。マツダは、今回発表した1号車に続きノルウェー仕様の「RX-8ハイドロジェンRE」を順次供給、本年夏からHyNorを通じてリース販売を開始する。