三菱自、岡山県のバイオエタノール実証実験に参加

mitsubishimitsubishi 三菱自動車( http://www.mitsubishi-motors.co.jp )は、岡山県の「グリーンバイオ・プロジェクト」に関連して、エタノール10%混合ガソリン(E10)に対応した実験車「MITSUBISHI E10 BIOETHANOL VEHICLE(バイオエタノール ビークル)」の国土交通大臣認定を取得した。

 岡山県が低炭素・資源循環型社会の実現を目指して推進する「グリーンバイオ・プロジェクト」は、木材(間伐材、廃材)や可食部分を除いた農業生産物のセルロースから、バイオエタノール燃料やバイオマスプラスチックを生成するもので、森林資源および未利用農作物の有効活用としても期待されるもの。

 MITSUBISHI E10 BIOETHANOL VEHICLEは、SUV「パジェロ」(3.0Lガソリンエンジン搭載車)ベースのE10対応車である。同車は、「グリーンバイオ・プロジェクト」の一環として、セルロース系バイオエタノールを用いたE10燃料を検証するため、本年8月から2011年3月まで、岡山県による公道走行試験に使用される予定。

 三菱自動車では、世界的なエネルギー多様化への対応の一環として、エタノール燃料対応車を開発しており、2007年7月からブラジルでE100対応のFFV「パジェロ TR4 Flex」を発売、本年から欧州向け「コルト」の一部にFFV仕様(E85対応)を設定したほか、米国向け車種のE10対応やタイ向け車種のE20対応など、エタノール燃料が流通している地域への展開を進めている。

※FFV(フレキシブル・フューエル・ビークル):任意の混合率のエタノール混合ガソリンを使用可能