ジェイテクト、デュアルピニオン電動パワーステアリングを開発

epseps ジェイテクト( http://www.jtekt.co.jp )は、高出力化と車両搭載性の向上を同時に実現するデュアルピニオン電動パワーステアリング(DP-EPS)を開発した。

 電動パワーステアリング(EPS)は、電動モーターと減速機の配置によりコラム式(C-EPS)、ピニオン式(P-EPS)、ラック式(R-EPS)の3種類に大別され、車種の特徴に応じて最適なタイプが採用されている。

 P-EPSはエンジンルーム内にアシスト機構(電動モーターと減速機のユニット)を配置、ハンドル軸をアシストするEPSです。静粛性に優れ、主に軽自動車から小型車クラスに搭載されている。

eps illustrationeps illustration 車両搭載性向上と高出力化の要求に対し、開発品はアシスト機構をハンドル軸と分離、2箇所のピニオンがラックと噛み合う構造とすることでアシスト機構の設計自由度が広がり、小型高強度減速機の採用など同社が蓄積してきた技術を織り込むことで、従来のP-EPSに対し車両搭載性を向上し、高出力化を実現。これにより中型車クラスへの搭載も可能な出力を実現、EPSのラインナップも充実した。

 2011年後半から欧州で量産を開始、国内外の自動車メーカーに幅広く拡販を図っていく。

 主な特徴は、以下のとおり。

(1)高出力化:P-EPS(同社従来品)比で出力20%向上 

(2)車両への搭載性向上:アシスト機構とハンドル軸を分離し、車両中心のレイアウト性が向上したほか、アシスト機構の配置をラック軸中心に回転自在な構造とし、ラック軸方向への移動も可能とした。

※DP-EPS 、C-EPS、P-EPS、R-EPSは、(株)ジェイテクトの登録商標。