NSK、自動車変速機の小型・高効率化を図るプラネタリ用ケージ&ローラを開発

cage 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、遊星歯車機構(プラネタリ)用ケージ&ローラ、「高速回転仕様 ミニアチュアプラネタリ用ケージ&ローラ」を開発した。ベルトCVTやAT、ハイブリッドカー用変速機の小型・軽量化、高出力化のニーズに応えることで、本製品により2015年に売上25億円を目指す。

 近年、CO2の排出量削減と燃費向上を目的に、変速ショックの低減と動力の伝達効率を高めるためコンパクトなスペースに最大8速の多段ギヤを搭載したATが増加している。また、ハイブリッドカーでは、高い出力を発生するための高速回転をより小型なモータで可能にする開発が進んでいる。このため、変速機の中の、ギヤの変速とトルクの伝達を行うプラネタリ機構の中で使用されるケージ&ローラには、高速回転に加え、小型・軽量化への対応が求められている。本品の特徴は以下のとおり。

  1. 保持器の形状を強度に優れるM型にすることで、プラネタリ用ケージ&ローラとして世界最小レベル(ローラ径φ1.5㎜、プラネタリシャフト径φ7㎜)の小型化を実現。これによりベルトCVTやAT、ハイブリッドカーの変速機の小型・軽量化が可能。
  2. 保持器に浸炭窒化処理を施した高強度のクロムモリブデン鋼を採用、保持器の板厚を従来品よりも20%薄型化したことで、従来比1.5倍の限界回転数を実現。これによりATやハイブリッドカーの変速機の更なる高速回転化に対応するほか、ローラを約5%長くしたことで、従来品以上の長寿命化も実現した。