NSK、次世代ハイブリッドカー向けモータ・発電機構用超高速玉軸受を開発

hybrid 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、大幅に摩擦を低減することで、超高速回転を可能にした玉軸受を開発した。本製品は、次世代ハイブリッドカーにおけるモータおよび発電機構の超高速回転に対応し、燃費の向上に貢献する。

 自動車メーカーでは、次世代ハイブリッドシステムの燃費向上のため、駆動モータや発電機構においては、小型・軽量化を進める一方で、出力を確保するため超高速回転のニーズが高まっている。

 NSKでは、次世代ハイブリッドカーにおけるモータおよび発電機構用の玉軸受として、従来比1.5倍となる毎分30,000 回転以上の超高速化を実現させた。本製品は次世代ハイブリッドシステムの小型化に対応し、駆動モータおよび発電機構の超高速化を可能にする。

 NSKでは、小型から大型までの次世代ハイブリッドカーの燃費向上に貢献することで、2015年度に本製品の売上として20億円を目指す。

 製品の特徴は以下のとおり。

(1)潤滑の改善:軸受の潤滑油入り口に、油流を制御するプレートを設置。本プレートにより、超高速回転時の大きな遠心力が発生する環境下でも、潤滑が枯渇しやすい内輪側へ確実に油を供給、摩擦による発熱を低減する。

(2)摩擦の低減:軸受内部の溝寸法や玉径などを最適化することで、超高速回転下でも、摩擦と発熱を抑制し、焼付きを防止する。また、玉および内輪と保持器間のすきまを調整することで、保持器の振動を抑制し、接触部の摩耗を低減した。

(3)耐久性の向上:軸受の超高速回転時に保持器にかかる遠心力による変形を防止するため、保持器円環部を厚くし、保持器の強度を向上させた。